インド女子旅行記⑤〜ダージリン編Ⅰ 茶園を散策〜

アッサムに続いてやって来たのは、こちらも紅茶の産地として有名なダージリン。西ベンガル州のダージリン地方のことで、チベット語で「雷の降る場所(the land of thunderbolt)」という意味が由来

さて、今回はちゃんとお願いしたドライバーが空港に迎えに来ているのか…?出口を出ると目に飛び込んで来たのは、名前のボードを持っている運転手さん!しかも微笑んでいてアッサムとは180度違うウェルカム感(笑)

早速乗り込みアポを取っていた茶園へGO! まだ肌に暑さを感じる。ここから山をどんどん登って行くので、寒くなりそうだ。

道がボコボコで揺れに揺られて約2時間くらいだったろうか。着いたところは少し肌寒く、山の斜面に広大な茶畑といくつかの集落がちらほらと見える。ここの空気は澄んでいて綺麗だ。
案内されたインフォメーションセンターのような小さな小屋で、英語が流暢なインド人が早速紅茶を入れてもてなしてくれた。

彼の名前はネパール語で「愛」だそう。この地域はザ・インド人というより隣接しているネパール人の血が濃そう。驚くことにみんないい人すぎる。外を歩いてすれ違う人たちはニコっとしてくれて、ただフレンドリーという感じ。危険な香りはゼロ。

まずはオーガニック茶園の山を彼が案内して見せてくれた。向かい側に見える山の斜面にも茶園が広がり「あの辺りがキャッスルトン茶園、あそこが…」と詳しく示してくれた。同行しているタイ人の友人は女子なのに、昆虫大好きなカメラオタクでもある。そう、ここは自然が綺麗なところ、しかしだからこそ昆虫も大きいし多い。。普通の女子を連れて来ていたら、帰る!となるかも知れなかった。彼女はたくましく「ここは天国ね!連れてきてくれて本当にありがとう!」と感激し、一人遅れながらカメラのシャッターを切り続けていた。

山から突き出る大きな岩に座って、辺りをただ眺めた。

案内人が「ここには都会と違って何もないだろう?だけどこの景色を毎日ここに座って見るんだ。それだけで十分だ。」と言った。私は何だか嬉しくなって、何を言うこともなく彼の目を見て微笑んだ。

途中で下の斜面で今日の茶摘みを終えて家路につこうとしている、女性3人に遭遇した。案内人はやはり知り合いらしく会話を始めた。

みんな少女のように笑顔が輝いている。一緒に何枚も写真を撮ってもらったが、何も要求をされなかった。

(そう、タイ滞在時に出会ったドイツ人に「インドは道で伝統的な格好をしている人の写真を撮ったりするだけで、金銭を求められるから注意した方がいい」と忠告を受けていたのだった。)

私たちは持っていたチョコレートを分け合って食べた。彼女たちは英語が話せないので、会話はできなかったけど色々植物を使った可愛いイタズラをしてきて、みんなで大笑いした。

案内人に通訳してもらいながら、少し話も聞いた。茶摘みの仕事というのはやっぱりとても大変だと言っていた。どんなに暑くても寒くても、晴れでも雨でも、早朝でも、長時間立ったままでも、毎日茶摘みに数時間かかる徒歩の通勤で行かなければならない。彼女たちはみんなそんな早朝に出かけるにもかかわらず、お弁当と家族の食事を用意して来るんだそう。旦那さんや他の家族にそれくらい用意してもらえないの?と聞くと、笑いながら「男たちは役に立たないわ」と。インドの女性は本当に働き者。「それにこの茶園では他とは違って、上質な茶葉を各家庭に毎月支給してくれるの。こんなに美味しいティーを私たちが摘んで、世界の人が楽しめるって思うと幸せだし、誇りに思うわ。」そんな彼女たちのことを私は心から尊敬した。

私たちが日本で紅茶やお茶全般を購入する時、こんなことは想像できない。数十円でも安い方を、こっちでいいか。というノリで選んだりするし、それをすることで茶葉の価格を販売側は抑えようとし、卸問屋、そして最後には生産側の価格を叩く。お茶本来の価値を少しでも知ってほしいなと彼女たちとの会話で思った。
それに、通常の場合は一生懸命摘んだお茶を彼女たち自身で飲むことはない。高いからだ。利益は全て上の方に集中。この訪れた茶園の、茶葉を毎月分け与えるというルールが素晴らしいと感じたのだった。
IMG_3076

今日はここにある家でホームステイだ。どんな感じかワクワクしていた。
つづく

 

インド女子旅行記④〜アッサムⅣ お買い物〜

少しでもアッサムで良いことがあった気分☺️

インドに来て、本当「人の言う事は疑ってかかった方が身のためだ」と学んだけど^_^; そうアッサムはインドの土地の名前で、お茶の名前にアッサムというのがあるけど、それは産地名ということ!

日本でお目にかかるアッサムティーはほぼミルクに合う安定した香り豊かなフルボディの味わい^ ^
なのでアッサムでもグリーンティーが作られているとなると、緑茶だけども「これはアッサムティーです」という訳のわからない混乱が日本では生じるでしょうね(^O^)

その後ゴチャゴチャとした周辺地域をウロウロ!暑いし乾燥している…歩道はボコボコだ…土煙がたち、何のだか分からない水たまりがあったり…なんか臭い、、人が多い、どこにでも人人人!!
たくさんの激安な商品の山の中でひっそりと働く人達。珍しい日本人を見る目は好奇心に満ちていた(@_@)

迎えにきた車に乗り込み、さて次はどこへ行こうか!?お昼も過ぎたしランチをしよう✨そう、前日学んだ通り欧米系のフードチェーン店へ行こう!本日のランチはKFCだ!


大きなビルなのにあるのはこのKFCだけみたいな^ – ^ハリボテ感出た(笑)KFCは国によってオリジナルのメニューがあるから楽しい。インドではタンドリーチキンのサフランライス丼が‼️


おいしそうだ辛さはどうか心配だけど、、この模様は動画に撮った こちら⬇️⬇️⬇️

(雑音酷くてすみません。店内がクラブ並みに音楽かかってました。。)

さてお次は、、「ショッピングがしたいから、モールに行って欲しい」と昨日はそう言って外見だけで何もないじゃん的なハリボテ・モールに連れていかれた事がしばしばだったが、果たして今日はどうなるか^_^;

辿り着いたのは特に外側からは派手さがない建物。そこまで大きいとは言えないが入り口には金属探知ゲートと警備員!これは期待できそうだ✨入るとやはり欧米系ファッション・ブランドたちが!


これには友人も私も「インドの世界から一瞬でも解放されるオアシス」とばかりにはしゃぐ❤️

1軒インドの普段着を販売するブランドがコルカタ発のブランドらしくて鮮やかな麻布に、鮮やかで可愛らしい刺繍が入っている(^O^)

これは可愛い!1着是非欲しくなった私たちは試着を繰り返す^_^

1着とその下に履くレギンスを含めても3000円行かなかった!!安すぎて驚く✨しかも丈の長さ、くびれ具合調節、そして袖付けなどすぐにやってくれて、しかも無料‼️信じられないな〜

ホテルに後で届けてくれる事になって、それも無料だなんて、、ここはインドですか?!!

その後マーク&スペンサーへ✨イギリスの衣料品も売ってるスーパーみたいなブランド❤️なつかしいな〜ここでの値段は本国とは大して変わらないが、生産はこっちなのか安いものの方が多かった!ここでジャケットを買ったのが、後のダージリンで吉と出た✨旅は行き当たりばったりで楽しいね(^ ^)

ホテルへ戻れたのは午後6時位で、ドライバーにちゃっかり延長料金も請求されて下車!

さて明日もフライト✈️「ダージリン」へ移動だ!!
インド全く行く先が予想出来ない…先行きの不安を感じつつ眠りについた(-_-)zzz

インド女子旅行記②〜アッサム編Ⅱ 迷走で瞑想〜

ここでインドに持って行った方が良いものをあげておこう⭐️
・胃薬
・虫除けスプレー又はクリーム
・日焼け止め
・おしぼり(濡れティッシュ)
・殺菌ジェル
・小分けのお菓子
・マスク
・目薬
・防犯グッズ又は防犯スキル
・南京錠
・あなたの断固とした折れない態度
など

IMG_2727

さてアッサム市内のホテルに着いて知った事とは、、自分が行きたかったアッサムの茶園地方にはこの市内から車で片道2日位かかる!!ということア然

ここではたった2日の滞在なので無理だ何をしにきたんだ自分のリサーチ力の無さが情けない😭

IMG_2725

しかし前進あるのみ!😎せっかく見知らぬ土地にいるのだから、じっとしていられるタチじゃない☝️

フロントのスタッフを話をして、ここなら茶園で茶を飲めるんじゃない?と教えてくれたのは1時間と少し車で行ったところ🚗いざ英語チンプンカンプンのドライバーの車に乗り込み参らん!💨

IMG_2683

辿り着いたのは自然が多い綺麗めな田舎なぜだかセキュリティのいるゲートを入っていく🌲🌲🌲すると車道の両一面に茶の木が広がっていた✨これにはテンションも上がったがいったいここはどこなんだ?🍀

IMG_2691

さらに敷地内奥の方へ車が進み白くて大きな建物の前で止まる🏢よく分からないけど見つけた石碑を見るとここは学校らしい💡

IMG_2676

こぎれいな白シャツとグレーのズボン/スカートを着た学生達が私たちを横切っていく🌼あれれ?ここを紹介してくれたホテルのフロント係に電話をするが何を言っているのか不明😅ドライバーにインド語で話してもらった更に不明😂歩いていた学生達を直撃してみる😇

IMG_2734

すると
ティーは飲みたいなら飲めるけど、カフェテリアで2種類くらいかな💡ここの茶の木で作ったものじゃないしここにある茶の木は観賞用で、誰も茶摘みなんかしていないけど?

なぬ?!!😭

これがインド・コミュニケーション!!!カルチャーショック?🇮🇳

仕方がないので良い経験としてこれは終了‼️市内へ戻る🚗

もう日が落ちて着て朝から何も食べてない私たちはお腹ペコペコだい!🍴ストリートフードを見てみるとう〜ん、なんともヤバそうだ😓そこで欧米系のチェーンフードレストランへ逃げる🍀

ピザハット‼️
外から見るとたくさんのお店が入っていて活気のある小さいショッピングセンターっぽかったけど、中はこのピザハットと携帯ストアとあと2店舗くらいしかなかったかな🍵かなりハリボテ感がたまらない💡

ここではピザハットのような店がお金持ちしか来ない高級店らしい✨ドリンク・ピザ2種・スープなどガッツリ行っても一人1000円行かないくらいだった‼️サービスがすごくてびっくり🌈ドアマンがいたり、、わざわざピザを取り分けに着てくれたり執事のような対応だった☺️チップを置いて、満足したら鳴らして帰るというベルを思いっきり鳴らしてホテルへ戻る👍

IMG_2704

もう今日はヘトヘトだな明日ここで何をしようか一件有力なメッセージが入る。市内でティーのディーラーとエクスポートをしているインド人からだった‍♀️

シャワーで水を確実に口に入れないようにしながら明日の検討を祈る✨✨

IMG_2700

つづく

インド女子旅行記①✈️〜アッサムⅠ 異世界へようこそ〜

2016年10月
念願のインドへ飛んだ✈️タイから、タイ人の女友達と一緒に👭

IMG_2842

もう一人タイ人のアテンドしてくれるはずだった男友達が急に来れない事となり、女2人で果たして大丈夫なのか?という心境の中、バタバタと2、3日で予定を組み直し飛んだのだった🔰

IMG_2664

調査不足で何もかも分からずにコルカタ経由でグワハティ空港へ。アッサム地方への玄関口だ💡やはりタイからは近く3時間程だっただろうか✈️

IMG_2729
日本人がインドに入国するには事前にビザを取る必要がある📃約3、4000円でできる💰ツーリストビザで入国してから30日間有効のものだ🙂ウェブサイトで簡単に出来るが、諸事情でてこずった、、💻

IMG_2753

空港に着くと、すでに暑さとほこりっぽさが私達を包む🍂お手洗いには常勤のお掃除のおばちゃんがいるのだが
しゃがんでするスタイルで汚く、とても衛生的とはいえない💧我慢だ、、我慢‼️

ネットで予約をしていたタクシードライバーを探すが見つからず必ず空港にあるフリーWiFiは、インドの電話番号を持っていないと使えないという中国と同じパターン☹️

IMG_2667
どうドライバーの会社に連絡しようか💨ウロウロしていたらカウンターの上に昔風の赤い電話が置いてあった☎️そう、これこそ公衆電話みたいなもので番号を言うと座っているおじさんがダイヤルしてくれる💡通話が終わると利用料金を徴収してくるという仕組みだ👍会社にかけたりドライバーに直接かけたり何回もかけたけど何十円と激安だった‼️ここではぼったくりはないようだ😀IMG_2748

何度もドライバーに電話しているのに、一向に現れない😰1時間半が経過🕐もしやyes yesと言いながら英語があまり通じていないのでは?という疑惑📞タイ人の友人はきままに小さな売店で様々な種類のキャンデーなどを買ってきては試した🍬

思い切って外へでる🏃‍♀️するとたくさんのドライバーたちがタクシー?タクシー?と超近距離で迫ってくる😓恐ろしくNo Noとかき分けて進む❌

その中の青年が携帯を見せてきて👨🏾この番号から電話をかけてきたのは君達かい?という

No No…..
いやいやもしやこの番号は空港にあった電話の⁉️ドライバーは見つかったが、私の名前を書いた紙とか普通持ってるっしょ?詐欺かもとただ通り過ぎようかと思ってしまったじゃん😤IMG_2722

どうしてこんな事になったのか聞いても結局分からなかった彼は分かっている表情を見せるが、いざ疑問形で聞くと大体答えられない分かっていないのだな、、と途中であきらめた💨

車に乗り込み市内へ🚗途中現れた壮大な景色🏞(と言っても現地の人たちにはただの木々が茂った池みたいなものだろう)にスケールの違いに息をのむ✨とにかく広大な土地を始めから感じた🍃この美しい大陸は、さらにスケール違いの人口の多さにほとんどの土地がゴミだらけで汚染されているのだけど🙏

一時間もしないうちに市内へ到着🚗建物の半数が廃墟のようにボロボロ🏢ほとんどが2、3階建で活動しているお店すら少しボロボロだがカラフルなペンキで塗装している🌈

予約をしていたホテルに着き、大変な事を知る🌾

つづく

福岡美食アトラクション🍴おまけ❤️

img_1829
有機茶園を訪れた後は、
300年の歴史があるお酢屋さん「庄分酢」へ🌞

こんな所におしゃれなショップとカフェがあるんだ〜🌸
コースランチとかは3000円位と
東京と変わらないですね😊💦

img_1835

ここでは試飲をして美味しい!
となった飲むお酢生姜酢を購入🍸

水で5倍に薄めて飲みます!
これが美味しいんだ❤️
それと魅力的なヘルシー美容お菓子を🎵

img_1859

お次はランチへ🍴
田主丸という地域🌲
“たぬしまる”
楽しもう!」という意味でつけられた地名らしいです😇
山をまたどんどん登って行きますと、
おしゃれなレストラン発見💓

『グリーンヒル』
“GREEN HILL”
びっくりしたのが、駐車場もほぼいっぱいだったこと🚗
平日昼間で車じゃないと絶対来れない
ような場所なのに🚕凄い人気ですね👍

img_1839
img_1845

結婚式も挙げられるガーデンチャペルがある👰💐
素敵💕

img_1843
img_1846

こちらでパスタランチしました😊

img_1858

img_1847

その後は更にデザートかな⁉️
どこで?
いや〜ここでも何だか嬉しいことが💓
ここは巨峰などが盛んに栽培されていて、
巨峰狩りも出来る🍇

ゆっくりとした時間に包まれながら、
採れたての巨峰を頂きました💜💗💛

img_1849
img_1850

そんなこんなで博多までまた送ってもらい解散でした😊
本当色々てんこ盛りで楽しかったです🎵
また福岡らしいFOODを食べていないので、
例えばラーメン・明太子・屋台などなど🍜

img_1860

ちなみにめんべいの辛口を甘くみていましたが、
辛すぎて韓国の友人しかまともに食べられませんでした💦(笑)
今度からまた普通の買います💡

次回も楽しみです😄💓
お付き合い頂いた皆様、
誠にありがとうございました🌈🍀💕

ぶらり「あじさい」鎌倉の旅🍵🇯🇵part1

あじさいの季節💠☔️

鎌倉出身の私ですが、今回初めて
あじさい巡り」を満喫してきました!

北鎌倉駅を下車🚋
まずは駅から1番近く、歩いてすぐの
「円覚寺」が穴場でした🍀

こんな京都に来ちゃいましたって感じの風情が待っています🌸

IMG_1149
あじさいのメイン名所ではないので、
人も少なくゆったりとまわれます💡

あじさいもちゃっかりあります。

IMG_1167

IMG_1226
亀さんもツバメさんも寄ってきてくれました〜
“禅”な時間を満喫!
1軒目から大満足✨

IMG_1193
木々や苔の緑がとっても美しいですね!

IMG_1165

こんな濃い緑を見て、
後でお抹茶を絶対に頂く!
と決めました🌞🍵

次はまた歩いてすぐにある「紫陽花寺」とも呼ばれて人気が高い「明月院」へ🌈
その道の途中、お腹がくぐーぐーになり「鎌倉名月」という甘味どころへ!
食べログはこちら>>

ここは小さいし狭いけど、
これまた現代的な和テイストを感じる内装で💕
けんちんうどん葛餅のセット(1000円位)を頂きました👍

IMG_1204

IMG_1280
選んで良かった〜美味しかったです💓

可愛い食器でした💜

IMG_1281

さて、名所の寺に行くと、
さすがに人が居過ぎる!!😱

あじさいはたくさん咲いてて綺麗ですけど、、
この混雑じゃあ風情もない💧

IMG_1205

IMG_1211

大振りのあじさいたち💠✨
これらはほとんど西洋紫陽花なんだそう。


日本の紫陽花は、近くの北鎌倉古民家ミュージアムにて
「あじさいの小径とあじさい展」が開催されているので、
そこでたくさん見る事が出来ます🇯🇵

(2016/05/21〜7/10まで、9:30~17:30、会期中無休)

大人500円、中高生300円、小学生200円ですが、
ハガキを持っていると2名まで100円引きがあります!

北鎌倉駅を降りてすぐのお土産屋さんでもらえます🌸

そそくさと一回りしてから、撤退!
さて次はどこへ⏩

この混雑じゃあタクシーさえ捕まえるのが困難。。
道端で巨大なおせんべいを買って、
テクテク八幡様まで歩くことに💡

つづく

オーロラ旅行でフィンランドへ✨⑦<念願のオーロラ鑑賞!!>

<<<前回の記事を読む。
(紅葉の中で乗馬!)

in レヴィ!

さて、自然の中で乗馬を満喫して
ホテルへ戻ってまいりました!

レセプションで無料の自転車を借りると、
母と私は町へ繰り出しました〜🚲

といっても町はとても小さく、
見るところも限られているので、
やっぱり何かアクティビティ的なものがしたい。。‼️

それで小高い丘の上に登れるロープウェイに乗る事に⭐️

チケットはどこで買うんだ?
かなり分かり難いですが、
ロープウェイの前にはスポーツウェアを販売する量販店の建物があって、
そこにあるカフェ(フードコートみたいな)の
カウンターでチケットが買えます!!

その丘からスケボーみたいのに乗って、
滑り降りるアトラクションがあり、それにしました💡

行きのロープウェイと滑り台代で、一人⒎5ユーロ💶

上に登ると、
IMG_8654

シルカ湖周辺を一望できます!✨
綺麗〜!

IMG_8655

これまた分かり難い滑り台の出発地点でしたが、、
行ってきます⭐️
IMG_8656

原始的でしたけど、案外楽しかったです‼️

降りてきた母も満足気❤️
IMG_8660

後ろ詰まってる、、ww

IMG_8661

<<この様子はこちらの動画で!>>

その後は適当に町でサンドウィッチ食べました❤️

ちなみにスーパーで文字通り爆買いした、
大好きなお菓子はこちら!
Bueno!!!!!💓
images-1
images

あっちのテレビのCMでたくさん流れていたので、
食べたくて堪らなくなって、
1つ買って食べたらハマりました‼️(笑)
IMG_8662
ホテルでもこんな感じでbuenoとティータイムしてました💕

——————————–

さてさて、では深夜のオーロラ鑑賞へ

今日は雲もなく、晴れているぞ〜〜🎵
22時頃に湖へと借りた自転車で参らん!

もう向かっている途中からオーロラが出現‼️

IMG_8682

こんなヒラヒラした
光のカーテンが空一面に
IMG_8684

星も良く出ていますね😃
こんなに広く一体に出現するんだなぁ〜と思いました!
IMG_8685

うわぉ!!!
オーロラが自分の真上に
‼️↓↓↓

IMG_8686

私はこれを寝転がって見ていました!
IMG_8689

もの凄く神秘的で、この真上に来た時間は
「オーロラと対話をした」感覚でした⭐️
IMG_8690

こんなぐるりんっとなっているのも💡
IMG_8692

オーロラは約30分に一回消えたり出たり繰り返していました。
はぁ〜本当に満足でした!💓

クラブツーリズムのガイドの方にも感謝申し上げます😊
ラッキーで至福の時間を
どうもありがとうございました✨

これでフィンランド、オーロラ旅行記を終わります✒️📖

読んで頂いた方にも感謝申し上げます!

Moi moi!!❤️
IMG_8677

オーロラ旅行でフィンランドへ✨⑥<紅葉の中で乗馬!>

<<<前回の記事を読む。


さて、更に北に移動をしてラップランドへ‼️
シルカ湖の近くにある、小さな町へ🚌

ここでは深夜のオーロラ鑑賞まで、
全ての時間がフリーということで💡

昼間も夕方も自由!!
「暇」ってことですね😄

じゃあ何のアクティビティができるの?
ということで町にあるインフォメーションセンターへℹ️
かなり丁寧でスムーズな対応でした✨

そこで私と母は自然の中で乗馬🐴を満喫しようと、
予約手配をしました😍
英語が話せれば詳細も色々と聞いて、変更も出来るし良いです🇬🇧

一人4時間で190ユーロもする?!と聞いていたのですが、
実際は時間も細かく選べて、2時間をチョイス⏰
一人65ユーロでできました💶🎵
4時間も急にすると足腰が痛くなるので、それはそうですよね。
予想していたより遥かに安くできたのでラッキー❤️

少し離れた牧場から送迎サービスがあり、
そのℹ️センターに来てくれるというのですが、
私が「それは面倒くさいから、私たちのホテルの前まで来てくれない?」
とお願いすると快く承諾してくれました✨またまたラッキー😇
何でも言ってみるもんです🎵

そのすぐ横くらいにあるレストランでランチ兼夕食をとることに🍴

IMG_8580

IMG_8581

IMG_8582

激高でびっくり‼️
・サーモンとポテトのクリームスープ
・サーモンと魚介類のトマトソースピザ
・コーヒー1杯

以上で34ユーロ、約4760円。
これが北欧、いやラップランド価格か〜
美味しかったですけどね!

——————————–

さて、次の日いよいよ乗馬に出かけます🐴
朝食は毎度のことですがヘルシー美味しい💕

IMG_8618

ちゃんと時間通りにホテル前まで迎えに来てくれました。
で、着いたらこんな感じでした!

ようこそ〜✨
IMG_8648
IMG_8620
中に入るとさすがに馬小屋ですし、
鼻をつん裂く臭いが、、、(笑)
IMG_8621
IMG_8622

ヘルメットは自分でチョイス!
IMG_8623

馬の非常口?!かわいいです〜
IMG_8624

ここで「怪我しても自分の責任です」
みたいな書類にサインして、
いざ外へ参らん!!
IMG_8642
馬たちは骨太な感じで、おっとり系〜🎵

なでなで〜

IMG_8634
お客さんは私達だけで貸切状態でした💕

私達の前後に若い女性のスタッフさん
2人が常についてくれていて安心👭

IMG_8625

IMG_8631

<この時の動画はこちら。>

本当黄色い紅葉がとっても綺麗な秋の林の中、
気持ちよく乗馬できました🍁💗

時々木の枝にぶら下がっていた動物の毛みたいなものがあって…
結構高いところにあるから、かなりデカイ獣のようなものがここにはいるのかしら…
怖し‼️Σ(・□・;)

って思って聞いたら、これは本当に空気が澄んでいて
綺麗なところにしか生息しない、
木に寄生する植物の一種なんですって!!🌲

本当に凄い〜!😯
そんなすんばらしいところでずっと呼吸していたなんて✨

体が浄化された気がしました🎵

さて2時間の乗馬が終わると、
ティータイムまで用意してくれました☕️💕

IMG_8652

伝統的な離れのような小屋の中で!
外の方が暖かいのでは?と思うほど寒かったですけど(笑)

こちら温かいベリーのブレンドジュースです!美味しかった✨
クッキーも頬張りながら幸せ!たくさんお話ししました😊

ホテルへも車で送ってくれて満足❤️
ありがとうございました!!

夕方の街散策と、深夜のオーロラ鑑賞は
次回へつづく★>>



オーロラ旅行でフィンランド✨⑤<幻の白いトナカイさん>

<<<前回の記事を読む

ロバニエミに着き、感動のガラスイグルー
宿泊をして満喫でした🎵

次の日から本館の部屋へ泊まりました〜🏨

そちらはガラスイグルーほど
良くありませんでしたが、、、

エレベーターも無いし、
アメニティも無いし…
しかーし!!
プライベートサウナが付いていたのです‼️
最高✨✨✨

IMG_8568

2、3人入れるくらいの大きさです👫
これなら温度が自分好みに調節し放題⭐️

IMG_8569

この焼き石が入ったヒーターのスイッチを入れて、

まず何十分か温めます🕧
そして、桶に入れた水を焼き石の上にかけると…

ジュワ〜〜〜〜っと!
蒸気が舞い上がり、天井の方から暑くなります✨

IMG_8570

私はそこまで暑くなく、じわ〜と暖かいくらいにして、
タオルを引いて寝そべり、1時間半くらい一人でゴロゴロ
なぜか日本のラジオを聞いていました📻✨

こうやって深夜のオーロラを
待つのもいいもんです💓


<天気の良い朝の散歩 in ルオスト>

9月は雪が降り始める一歩手前❄️

まだお天気の日にはお散歩が楽しめるということで、
ホテルから歩いて湖の周りを散策することに💡

IMG_8393

IMG_8397

いちいち綺麗です✨

フィンランドでも「木彫りの熊」発見‼️
かわいい〜(笑)

IMG_8404

湖の入り口。

IMG_8431

IMG_8437

はぁ〜、空気が澄んでおります✨

道端にも結構ありましたが、湖の周りも
そこらじゅうにブルーベリーが❤️

IMG_8440

これで「手を切っちゃった〜〜!!」と
母に言うと本当にびっくりしてました(笑)
ブルーベリーの汁ですよ!!!w

IMG_8442

少し大きめで皮がピンっとなって

いるものが、大体甘い!!❤️

本当景色も空気も美しい〜✨

IMG_8452

IMG_8458

キノコもたくさん発見🍄

この湖の周りで夜オーロラ観測ができるようです
楽しみですね❗️

IMG_8461

<トナカイとサーメ族>

サンタズ ホテルからバスで少し行ったところに、
トナカイ牧場がある‼️

そうサンタさんに会ったら、
それはトナカイさんにもご挨拶していかないとww

IMG_8509

出迎えてくれたのはサーメ族
(又はサーミ族)のアヌさん

伝統的な衣装を着ていて、
こんなに童顔なのに3児の母‼️

サーメ族はトナカイを遊牧しながら、
北極圏を起点に暮らして来た一族🌲

IMG_8484

巨大な円すいのテントに入っていくと、
建物の作りが案外頑丈そう!

中央には暖炉が🌟
ティーかコーヒー、焼き菓子を出してくれました☕️🍰

IMG_8486

あったか〜い

この中でプロジェクターを使って、
サーメ族とトナカイの歴史について説明してくれます。

また、伝統的なサーメ族の歌を、
太鼓を使いながら実際に歌ってくれました🎵

これがとっても綺麗で、本当に癒されました😍

動画に撮っていて良かった😊

それを後で何回も自然の中で見返して、
さらにパワーを頂きました💪

IMG_8489

牧場へ移動すると5匹くらいのトナカイがいました🐎

他は外に放し飼いにしているのだそう💡

上写真のトナカイと下写真のトナカイはどこか違いませんか??

そうです、

ツノがツルツルか、毛でフワフワと覆われているか

下の方は「去勢」されているのだそう!😲

上のは優秀なので種馬ならぬ「種トナカイ」様なのです✨

IMG_8493

質問攻めの私と盛り上がってくれる、優しいアヌさん💓

IMG_8503

最後にトナカイのツノの骨を使用したネックレスを購入💎

サーメ語は記号のようで、骨には
「強さ」という意味のマークがありました💗

縁結びみたいなのが実際欲しかったけど、、
無かったので(笑)😅

「白いトナカイ」というのは
1/1000の確率で生まれるらしいです💡

親が白いからと言って、子も白いとは限らないのだと。

そんな話を聞いて、さてバスでホテルへ戻りますか〜🚌

するとなんと!!

道端に急に飛び出してきた
トナカイが真っ白だったのです‼️

IMG_8515

みんなで騒然としました!!

追うんだ〜!追え追え〜!!

IMG_8517

バスを降りて、まだ遠くへは行っていないはずだと、捜索開始!

いました!!😯

IMG_8521

ずーーっと止まらずに歩いて移動はしていましたが、
私たちを警戒して走って逃げてしまうことは
ありませんでした😃

IMG_8533

奇跡のようなこの出会いに感激しました💕

すぐにこの写真をサーメ族の
アヌさんにメールをすると、

(仲良くなったのでFacebookで
友達になっていました。笑)

「これうちの子よ〜!見れたなんてあなた達凄くラッキーだったわね!!」

と、証明写真も送ってきてくれました✨

IMG_8541

こんなレースにまで出ていた優秀なトナカイさんだったのですね😊

ちょっと気が引けますが、、、

その夜、夕食ではトナカイのお肉を食べました💦

まずはサーモンのタルタルサラダ✨

IMG_8546

トナカイのお肉来ました〜
下にはマッシュポテトとベリージャムがたっぷり🍴

かなり濃厚で美味しかったです❤️
肉って感じの力強い味でした🍖

残念ながら母は少し臭いと言って、
苦手でギブアップしてましたけど、、💦

IMG_8548

デザートは「オーロラ・アイスクリーム」!
素敵な願掛けですね🌟

IMG_8550

ディナーも満足したその夜は、
あまり天気も良く無かったので、、

まさかオーロラは見えないだろうと早々に寝ました😴

しかし深夜1時か2時頃に、

ピピピピピピピピ!!!

オーロラアラームが鳴り響きました‼️
(このホテルではオーロラが出ると、
支給する携帯にて知らせてくれます!)

よしやっとのオーロラタイム✨

うっすらすぎて雲みたいや〜

IMG_8694

IMG_8695

眠いよ〜寒いよ〜

こんなもんなんかな。本当にオーロラ見えるのかな、、と。

次の日に期待‼️



オーロラ旅行でフィンランドへ✨③<ムーミンに触れて…>

<<<1つ前の記事を読む
(ヘルシンキ編)

こんにちは、Tea StylistのSAORIです♡

さてフィンランドに着き、
まずは首都のヘルシンキでした!
これから北上です‼️

ムーミンの生まれ故郷である
タンペレへLet’s go!🚌

バスで2時間くらい走り、
道中にあるイッタラ・ファクトリーショップへ☕️

日本で買っても、フィンランドで買っても
さほど変わらぬ値段ではありますが、
ここはおさえておきたい!
IMG_8794

色々買ってきて、今使ってます〜✨

IMG_8736

フィンランドのチョコレートブランドも発見💕
IMG_8118

店内の様子。
IMG_8122

ショップの中から
チョコレート工場が見える🎵
IMG_8119

ここで作ったチョコレート達は、
色々なデザインと味があって可愛い💓
IMG_8120
後日GETしたチョコでティータイム🎵
IMG_8697

その後…
🌲ムーミン谷博物館へ🌲
作者はトーべ・ヤンソン女性です👩
彼女はムーミンの絵を描き、物語も書いた📚

他にもたくさん本を執筆していた様だが、
有名なのはやはりムーミンシリーズ💗

彼女の弟も有名な建築家で、この博物館の内装に携わっていたそう🏠
それがキッカケで、老後に作品の管理や維持を心配していたトーべは、
ここの博物館に作品を寄付する事を決めた💡
IMG_8128

博物館の地下1階に広がるムーミン博物館。
薄暗くて、作品の写真撮影は禁止📷❎

貴重で繊細な作品は、更に薄暗い小部屋の中に展示されていた✏️
強い光を浴びないようにして保たれている⭐️

IMG_8130

子供の頃、散々ムーミンの物語を読んだり観たりしたが、
あまり覚えていなかったし、正直そこまで好きなキャラクターでななかった😓

でも実際にトーべの直筆の作品を見たら、とても好きになった‼️

大量生産のただキャラクターとしてのムーミンではなく、
そこに居たのはとても愛らしく温かみのあるもの😊

初期のものは新聞へ連載していたのも関係しているのかもしれないが、
黒い細いペンで描かれているだけ。
しかしカーブ一つ一つがとてつもなく、うまいのだ🌈

IMG_8156

ストーリーも今になって聞くと、かなり深い😯
絵もストーリーも素晴らしいなんて、すごい才能💖
トーベ様✨
また帰国後にムーミン全て読み直そうと思いました📕

IMG_8159

ここでムーミンオリジナルの切手が購入でき、
その場で発送できる💌
早速日本で待っている姉に、ハガキを送る母✨

次に近くのムーミンお土産ショップへ🌲
IMG_8173

小さい店内🏠

お土産屋さんに連れて来られると、
つい買いたくなっちゃうんだよな〜
うまいですね〜(笑)💦
木製のムーミンパパや、
ミーのバックに付けるネームタグなど購入💡

さてさて、お次はAikuinen Towerへ🏢🌲
展望台があって…と聞いていたので、
とても高いタワーを想像していたけど、
驚くほど低かった!!(笑)
多分5階建てのビルくらい😯
IMG_8185

でも心配ご無用!
そこまで高い必要はなかったんです💡
それは、ここが小高い丘の上に建っているから🗻

エレベーターで上ってみると、この景色⭐️

IMG_8187

すごい綺麗〜〜〜✨
空気も美味しいし、程よく涼しいし、キレイな緑と湖と空!!

タワーの麓はこんな感じ。

IMG_8189

小さな町も素敵。
IMG_8193

IMG_8194

「この展望台に上る前にチケット必要なんじゃないの?」
って思いながらも上って行っちゃいましたが、
なんとチケットが販売されているのは、
1階の右側にあるカフェカウンター☕️💰

なんと自己申告制なんです‼️

日本人ですからね、上った後にそこに行って、
律儀にチケットを買いましたよ〜👏

そのついでに、ここのもう一つの名物品をGET!

IMG_8203
ドーナツ」です‼️🍩

この塔が建った当時のレシピから全く変えていないそう🍳
そんなの本当に美味しいんかい?!と。
そしたらこれが本当に美味しいドーナツでした😍

砂糖にまみれているのに、甘すぎないし、くどくない。
軽くペロッといけちゃいます🎵

中に黒い点々のハーブが練りこまれているのが見えて、
それがいい香りなんです🌿

IMG_8217

その後は、地元の高級住宅地を怪しくもウロウロ🚶💨
可愛くて大きいお家たくさんありました🏠
道路の方は窓が少なく、湖の景色に面している奥の面は
大きなガラスの窓があったり、素晴らしいデザイン🏡✨

近くにあったブランコに乗って、
久々にはしゃぎました🎵ww

IMG_8222

夕食はAstorというレストランで。
サラダやデザートも付いています
やっぱりサーモンは美味しいですね💓

IMG_8244

ミニスーパーで少し買い出しをしてから、いざ
サンタクロース・エキスプレス寝台列車」で
ロバニエミへ。

駅の様子。
ここにすごいイケメンしましたよ!
大好きな映画「きみに読む物語」の主人公みたいな顔してました❤️

IMG_8245

夜9時半頃に乗り込みました。

中はこんな感じです!
サンタ的要素は一切ありません‼️(笑)
ネーミングだけですね!

IMG_8246

中はかなり清潔でした〜✨
タオルと水もついていて、2段ベット・荷物置き場・
小さな洗面台と鏡・壁に付いた折りたたみ式のイス・
ベット脇に時計、読書用ライト、充電用ソケットがあります。
トイレとシャワー室は共同です💡

IMG_8247

雪の結晶とフクロウさんのデザイン🐥
グリーンを基調としていますね🌲🌲🌲

IMG_8249

2階に分かれていて、食堂車もあります。

相当揺れが激しいので、どこでも寝れる私でも
何度も目を覚ましました😲💦

しかもそれぞれのドアはオートロック式で、
カードキーを忘れてトイレに出た隣部屋の方が
深夜締め出され、同部屋の方は熟睡で
大変なことになってましたよ。。💧
気をつけましょうね!
冬だったら列車の中と言えども、更に寒くて死んじゃいますよ〜

次の朝7時頃にロバニエミに到着‼️

IMG_8253

さて、ここではどんなことが待っているんでしょうか!
わくわくです〜🎵

つ・づ・く>>>

SAORI


オーロラ旅行でフィンランドへ✨②<まずはヘルシンキ!>

こんにちは、Tea StylistのSAORIです🍵

先月のフィンランド旅行のリポート第2話です✈️
この度、初めて「ツアー」というものに参加をしてきました!
IMG_8067

航空券代やホテル代、移動代や食事代を全て含めて考えたら、
自分で全て手配するより、ツアーの方がお得だったので⭐️
(JTBさんもやってますが、クラブツーリズムで行きました)

しかもオーロラを深夜に外へ出てみるとなると、
やはり分かっている添乗員さんなどが居た方が、
何かと安心かなというところもありまして😌💕

<<DAY 1>>

まず1日目はヘルシンキに到着!

直行便で到着した時は、あいにくの雨☔️
しかしバスに乗ると小雨になって、歓迎の虹が空に架かりました🌈✨
なんだか良いことがありそうだな〜🎵
IMG_9004

しばらくしてホテルに到着🚌
土曜日の夕方で
ほとんどのお店が
5時くらいで閉まってしまいます
。。

ホテルはどこにでもあるホテルチェーンで
「なーんだ」て感じでした。
目の前にあったモール内のスーパーで色々買ってきて、
母の疲労もあり今夜はホテルでゆっくりすることに💡

すでに美味しいものをたくさん発見して幸せ〜💕
イギリス時代によくデザートに食べていた、

豆乳のチョコレートムースもあって感激の再会🎵
やっぱりサーモンも野菜も美味しいな〜
ノンアルコールのいちごとライムのソーダも美味しかった🍓

この左下にある袋入りのグミみたいなものがすごい美味しかったです!
一袋4ユーロくらい(約550円)して、お菓子なのに高っ!!
と思って、1つしか買わなかったんです。。
ベリー系の果物で出来た、100%天然の
お菓子でソフトキャンディのような食感♡

IMG_8070

これを暇がある度に食べて、すぐなくなり、
違う都市でも買いたかったですが、
どこのスーパーにもなくて結局ゲットできず。。
初めに行ったスーパーでしか買えなかったのです!!😂
おすすめですよ!

<<DAY 2>>

翌朝も小雨で9月だけどやはり肌寒く、
日本の12月って感じ
⛄️

朝から海沿いのマーケットへ🌊
IMG_8072

いくつかの大きな客船、フェリーが港にとまっていました🚢
ここから、周辺にある島へ訪れるのも人気らしい👍
ヘルシンキだけ訪れる方も、市内は小さいので、
他の島を巡ったりして楽しめると思いますよ😊
IMG_8073

よく日本のテレビでも取り上げられるらしく、
「この前も鶴瓶さんのテレビに出たのよ〜」と
ブルーベリー屋さんのおばちゃんが言ってました😃
IMG_8076

広場の中心にはこのモニュメントが。
この頭が2つに分かれた鳥(双頭の鷲)は、ロシア皇帝の象徴らしい🐦
1917年までロシアの支配下にあった国ならではですね💡
IMG_8077

ここでは、フィンランドのティースプーン🍴
トランク用にステッカー、フィンランド人
アーティストのオリジナルピアスを購入しました🎀
アーティストさんとパチリ📷💗

IMG_8723

近くの「ヘルシンキ大聖堂」の前で記念撮影だけしました⭐️
フィンランドが独立するまで「聖ニコラウス教会」と言われていた💡
IMG_8086

ロシア皇帝アレクサンダー2世の像もある👨
彼はフィンランド支配の間でも、
国民に様々な自由を許していたので、
今でも愛されているらしい💒

さて続いてはこちらの教会へ🚌
生神女就寝大聖堂⭐️
(しょうしんじょしゅうしんだいせいどう)

日曜の朝だったので、ちょうどミサが行われていました!
コーラスも聞けて素晴らしかった…✨
厳粛な雰囲気すぎて、写真も撮れなかったです💦
IMG_8091
外観は赤レンガで重厚かつ素朴な感じがありますが、
中はとても細やかな装飾や絵が描かれていて、洗練されていました😯
42964294
天井にはたくさんのお星様が黄金のスターマーク(⭐️)で描かれていて、
フェミニンですごく可愛かったです💕
1

お次は有名な「岩で出来た テンペリアウキオ教会」へ💒
ここもやはり観光客で混み合っていましたね👫

IMG_8104
修復工事中で教会の上に巨大なテント?屋根があって、
原型とどめていなかったのが少し残念でしたけど、
これもレアかな👌
IMG_8106

中はこんな感じでデザインがモダンですね〜✨
IMG_8107

天井は銅板で出来ていて、神々しかった👼
IMG_8110
ちゃんと壁が巨大な岩ですね!!

なんだか大きなものに包まれている気分でした✨
IMG_8111

ここでベタなお土産購入タ〜イム!🕛
日本人が営むかなりベタなお土産ショップへ連れて行かれました👜
IMG_8103
ムーミン、イッタラなど小規模ですが、まんべんなくありました〜
所狭しとジャニーズのポスターが貼ってあったので、
なんでやねん!(笑)とスタッフの方にツッコミを入れると、
「私嵐の櫻井くんが大好きなの〜❤️」と。。w
さらに爆笑しました。
いやいや、フィンランドの風景写真とか貼って下さいよ!!
これは日本に居る気持ちになりましたね🇯🇵
面白かったからいいか〜😌

その後とあるホテルの可愛いレストランでお昼しました🍴
北欧らしいミートボールをついに!
IMG_8116
マッシュポテトとクランベリージャムがかかっていて、うんま!
このミートボールは柔らかめ、
大きめだったので「ハンバーグ」みたいな感じでした💗

さて、これから北上していきますよ🎵

つ・づ・く >>>
(その③ムーミンに触れて…を読む)








オーロラ旅行でフィンランドへ✨① <フィンランド基本情報>

こんにちは、Tea StylistのSAORIです♡

この度はかねてから母が
「一生に一度は見たい!!」

と言っていたオーロラを見るため、
フィンランドを訪れることに✨
Finland_i_Flag

イギリスに住んでいて、ヨーロッパ旅行は
たくさんしていた私ですが、
北欧を訪れるのは今回がなんと初めて✈️

正直はじめはあまり興味がなかったです。

でも結果的に言うと…
本当に行って良かった😊✨

皆さんにも本気でオススメしますよ!

実際の旅の話は後でするとして、
ざっくり基本情報説明入ります💡
てい!

イメージとは違いますが、フィンランドは日本から
1番近いヨーロッパの国で、約11時間で着きます✈️

首都:ヘルシンキ(南部に位置)

finl-MMAP-md

通貨は北欧で唯一「ユーロ」を採用しています💶

(今1ユーロ=135~140円くらいですね!)

物価はさすがに北欧なので高い!

euro1

人口は約544万人と少ない👫

国土の1/4は北極圏!🎅

『森と湖の国』と言われる位ですから、
森は国土の2/3にも及ぶ🌲
(約2000万ヘクタール)
32_small

湖は国土の1割で、約19万カ所もあり世界一?!🌍

トナカイは北部に生息していて約20万頭🐎
フィンランドの北極圏人口よりも多いと言われる。
finland-sami-tent-reindeer

国民性はとても自然体な優しさが溢れている、、
と感じました!
日本くらい好感の持てる「おもてなし」感が
ありますが、それが無理なくナチュラルにやっている✨
笑顔も発言も😄

言語はフィンランド語ですが、表示は3ヶ国語📚
フィンランド・スウェーデン・ロシア語です!
finnish-language1

他の言語に比べると、
フィンランド語だけ全然違うみたいです、、w
c2cd6dd5e0aab99942ef42788aea181d

しかしみんな英語もペラペラで、
英語だけで普通に生きていける!🇬🇧

日本でいう「はい〜」が「ヨ〜」で
とても不思議で可愛い💕
ヨ〜ヨ〜言ってますよ(笑)

水道水はそのまま飲める😊

イケメンと美女率が半端じゃなく高い💗

さて、この基本を覚えつつ、
次回から実際の旅の模様を書きます!!

お楽しみに〜〜♡

SAORI

その②ヘルシンキ編を読む>>>






熱海でまったりティータイム。

お友達と熱海の温泉に行ってきた!!
3ヶ月の赤ちゃんと3歳のボクちゃんも一緒だった!

どうですこの景色!!
自分で撮ったものですよ?!

IMG_5636
IMG_5639

はぁ〜癒される。

夜もお腹いっぱいビュッフェを楽しんで…
IMG_5644

子供達が寝静まった時、やっと3人で深夜のティータイムを★
カンパーイ的な。
IMG_5645

翌日は和なお茶屋さんでまったりしたくて、こちらにやってきた!

IMG_5664
中村屋

IMG_5663

ここの「葛切り」が食べたくて…寒くても行ってしまった。
登場!
IMG_5657

上の段に蜜、下の段に葛切りが!
容器もこだわっていて良い〜
IMG_5659
ちゅるりんりん♬
IMG_5684

ぜんざいやお汁粉など、他にも美味しいメニューがあった。

美味しかったね〜〜 🙂
IMG_5661

そういえばもうすぐクリスマスか。
サンタさん来るといいね☆==
IMG_5665

Harry Potter Cafe. ハリーポッターなカフェ。

 テレビでハリポ映画特集がやっていて、ふと思い出す。

そういえば、去年訪れたスコットランド、エジンバラでの話。

著者J.K.ローリングさんは、

r
a760edc7fd70621d2c86e4d07be76c76

たくさんのハリポ作品を、このエジンバラにあるthe elephant houseというカフェで制作していた。
IMG_1410あまりにも有名な話なので、地元民のみならず多くの観光客が訪れている。

名前の通り、中にはたくさんの象のモチーフ
IMG_1411
私がついた時には店内が混み合っていたので、少し立って待っていた。
店内入ってすぐ脇にある壁に面したカウンターを「どうぞ」と言われたが、私は奥のテーブル席がいい!と主張。

定員さん達がとてもいい感じで優しく、快く了承してくれた。
しばらくして奥に案内された。
店内入ってすぐのところからは想像できなかったが、結構奥は広い

ここでハリポは書かれたのか…

私がここで驚いたのは、とにかく「味」!
観光地化しているからとなめていた。

はじめ、アップルパイのアイスクリーム添えを注文。
IMG_1412

That was really fantastic!!
温かいトロトロの中身が流れ出しそうなアップルパイに濃厚なバニラアイスが…美味しすぎる。しかも大きい。

この時となりの4名席に座っていたフランス人一家としゃべりこむ。
父、母、娘。
お父さんは地理学か何かの大学の先生で、お母さんは英語の先生なのだとか。

そのお陰で、英語でスムーズにコミュニケーションをとることができた。
娘は13歳くらいだったかな。
IMG_1416

すんごい綺麗でピュアな透明感がある子だった。
彼女は日本の震災の事や、その時の日本人の振る舞いをとても尊敬していると話してくれた。
私たちは日本が大好き。

とっても良い出会いだった。

家族が帰ってから、結構時間が経っていたのでお腹が空いてしまった。
抑えきれず、チキンのシーザーサラダを注文。
IMG_1418

これもまた驚くことに絶品だった!
Très bien!!

さっき家族が座っていたところには旅行中のカップルが座った。
はい、この方達もフランス人だったので運命を感じる。

大学生の先生と生徒のカップルらしい。
Wowと思うが、先生(男性)は全然若い人だった。

2人は車でスコットランド中を巡るのだそう。

また2人と話し込みすっかり日も傾いてしまった。

この後ブラブラとハリポのホグワーツ魔法学校のモデルになった学校を外から眺めながら、やっぱりすんご〜いと刺激を受ける。

そうしているうちに傘もないのに土砂降りになり、あたふた駆けずり回っているうちに迷子に。

ずぶ濡れになりながら、やっと入ったパブで温かい歓迎をうけ、朝まで数日前に生まれたばかりの王子の名前を予想しあった。

その時私がかけた名前は
ジョージとルイだった。

2つとも当たっていた。。

とさ^^





Tea time after the great trip! 旅の思い出ティータイム♬

あぁ、旅はいいものだ。いつも思います。

ワシントンD.C.から帰ってきて、まだ東京も真夏の猛暑。
セミがうるさく、熱気と湿気にうなだれる日々が帰ってきたのか…と。

でも今日はいつもよりカラっとしていて、外に出たい気分。
そうだ、玉川沿いの木陰で一人涼もう。

そう決めやってきた川沿い。
最高の木陰日和のティータイム。
IMG_4658
魔法瓶に紅茶を入れてきて、やっぱりティーを
飲むのは陶器のカップじゃなきゃ。
美味しさ100倍。

そして読書。
旅はいいな〜というのは、訪れたことでまた
違う興味がそそられるからだ。

今回はアメリカ合衆国の歴史にたくさん触れてきた。
だから良く分かっていなかった私は、
「Very Washington D.C.」という子供向けの歴史本を買って
こうやってティーを飲みながら読んでいる。

イラストがわかりやすくて万歳。

IMG_4662

また週末のブレックファストのお供に、
愛しのThe Jeffersonホテルで入手してきた
ジェファーソンブレンドを。

IMG_4664
ベルガモットの香りがこんなに強いなんて…
現地で飲んだのと違う?
アールグレイと間違えて販売したんじゃない?

と思ってホテルに問い合わせたけど。
確かにそのブレンドにはベルガモットが
入っているらしいので、間違いはないらしい。

IMG_4666旅のあとでも旅はつづく…



ワシントンのThe Jefferson Hotelにて、アフタヌーンティー。

さてさて、最終的にまたワシントンD.C.に戻ってきたわけですが、

なんとリッチモンドで訪れた憧れのホテル
「The Jefferson」と同じ名前のこれまた素敵な
ホテルが、ワシントンにもあるとのこと。
(※系列ではないそう。)

それがここ!
10575924_10152629545141079_1811583852_n

ホテルの路地からホワイトハウスがまっすぐ続いている。

こちらもリッチモンドのに比べればまだまだ歴史は浅いが、
そのインテリアはクラシックで私好み★
DSC00457

DSC00458
飛行機の時間まであと数時間…
今回のアメリカ旅の締めくくりもやっぱり、
アフタヌーンティー 🙂

DSC00452

結構モダンなデザインのアフタヌーンティーです!
サンドウィッチが綺麗に盛り付けられてて◎

DSC00455

その後はケーキとスコーンが登場。
10589594_10152629543086079_1730998730_n

ちゃんと冷めないように、スコーンが包まれてて 🙂
少しパサパサやったけど…
10570567_10152629543706079_152117522_n

可愛いですね〜
そして品のあるおしゃれさ。

この中でふわふわのメレンゲがのった
レモンタルトが一番美味しかった!!

10578666_10152629543711079_361171673_n

10589500_10152629543716079_1544363661_n

スコーン用クリームは残念ながらクロテッドクリームではなく、
ダブルクリームでした〜コクが足りん。。

しかし満足〜♬
ここのお手洗いがとても素敵で動画を
撮ってきたのでYouTubeにアップしたら
こちらでお知らせします!(笑)
10589915_10152629545126079_2075904841_n

Reading Roomも美しかったです!
ここは泊まるには物凄いお高そうですが、
スタッフの方々もマネージャーさん含め
とてもフレンドリーだったのでまた訪れたいです★=

ありがとうございました!



Afternoon Tea @ The Jefferson!

ワシントンD.C.とバージニア旅行の最大の目的は、
ここでアフタヌーンティーをすること ^_-++

アメリカ、バージニア州のリッチモンドにある
歴史のあるホテル「The Jefferson」

そうアメリカ第3代目大統領の名前の付いたこのホテル。
(彼はバージニア州モンティチェッロ出身)

トーマス・ジェファーソンの彫像がシンボリックに飾られています。
DSC00359
100年以上続くホテルで、歴代大統領も宿泊
火災に2度見舞われたとは思えないほどの素晴らしい建物。

その空間で、ATしたかった!!
美しいステンドグラスに囲まれたロビー「Palm Court パルムコート」。
IMG_4482
IMG_4495

この空間でATします!
IMG_4564

ここでは約40年も本物のクロコダイルが住んでいたんですから!!
その名残でホテルのエントランスや中にもクロコちゃんの銅像が 🙂
IMG_4515IMG_4517

さてさていざ出陣なり!
IMG_4506

もちろん「このアメリカ人達め!」って感じの
Tシャツ短パン!な方達もいるものの、、^^;

こんなにオシャレをしている素敵な方々も⭐️
IMG_4494

スタートはシャンパンから〜
(ジェファーソン・シャルドネだったかな!)
くぅ〜 >_<
DSC00354

ATの全貌こちら!
IMG_4483
IMG_4481
ティー:ジェファーソンブレンド、リッチモンドブレンド

IMG_4486IMG_4487IMG_4488

かわいいです〜♬
しかしアメリカっぽく、全て繊細というより大味。

しかーし!
心配り◎で、
東京からわざわざこれのために来たのだと伝えると!
IMG_4485
このチョコチーズケーキを特別サービスしてくれました!!
そうそう、いつも旅はこういうドラマがいいんですよね〜 …>_<…

私はお返しに桜の花が描かれた100円玉とかあげたり✨
IMG_4489

うっとり〜〜〜

すぐ横にある大階段は、舞踏会に出てきそう!
映画「風と共に去りぬ」での大階段に
インスピレーションを与えたそう!!
DSC00363

その下に広がる巨大な空間はハンパない!
IMG_4565

ザ・ゴージャスの極み!
全然人いなくて、さらに贅沢だ!
DSC00369

その付近にあるかわいいお土産やさんで、
このホテルのマグカップやらバックやらスプーンやら
たくさん買っちゃいました ^^;
IMG_4508
このキャップは大きいサイズしかなくて断念&残念〜〜!

他の写真をお見せしますと、

朝食@ホテル内レストラン
IMG_4513

朝食:ルームサービスで⭐️
IMG_4570
IMG_4572

プールとジム、綺麗で設備よし!!
IMG_4532
IMG_4547

最高のホテルでした!
まわりが特に見るものが無かったとしても、
このホテルを訪れに行くだけでもいい!! >_<

またすぐ行きたいです!
動画も撮りましたよ!こちらです ^^

では皆さまも良いティータイムと、良い旅を!!



チェジュミラクル!!

おはようございます!さて、3日目の朝!!
ついに今日の夕方帰国となりました。

泊めてくれている韓国人友達は、インターンシップで勤務しなければならないために早朝のフライトへ。朝5時に一回起きて私達もバイバイをしました …>_<…

IMG_4286
(チェジュ島のシーサー的存在、おじいちゃんの石像はどこへいってもありました!)

そして実は…私昨日iPhone5Sを無くしました。。!!
気づいたのは夕食前で、あの洞窟カフェで調子に乗って写真撮影をしていた時に、置き忘れた事を思い出しました。。何度自分がアホと思い返した事か!!!

お店に電話で確認をしようとしましたが、その日はすでに営業時間が終わっていたので、何もする事ができず。。その時の韓国ボーイズの優しさ溢れる励ましがしみましたよ…(泣)

そう、あの洞窟カフェはお伝えした通り、泊っている中心部から車で1時間もかかる。
友達の誕生日サプライズでチェジュ旅行に来たのに、もし洞窟で発見されたとしても、最終日に片道1時間かけて、タクシーで私の携帯を取りに行くのを付き合わせてしまうかもしれないな。。と考えてました。何をしているんだ私は!?
DSC_0416

とりあえず朝9時位からの営業なので、その時に韓国人友達のお母様が電話であるか確認してくれる事になってました。誕生日の友達とテンション低気味で少し寝坊。9時半か10時頃だったでしょうか。お母様が私達の寝ている2階へと階段を登ってきて、トントンッと。

「お、電話してくれたんだなきっと!発見されたのかな〜無かったのかな〜(汗)」と思いながら、お母様の目を見つめると、「はい!」ポロっと何か手渡してきました。
一瞬何が起きたのか分かりませんでしたが、それは私のiPhoneでした!!!!!!

え、なんでなんで?!!どういう事??興奮して理由を聞きたかったですが、韓国語が話せない私は聞き出せず、ただ感謝しました!韓国人友達にメールしてみると、その洞窟カフェのオーナーがお母様の友達の友達だったらしい!そして朝にそれをわざわざ車で届けてくれたらしいのです!!!私達の寝ている時に。。☆

罪悪感も半端じゃなかったですが、ミラクル感とチェジュの人達の繋がりや優しさ、暖かさをひしひしと感じたのでした。カムサハムニダ〜!!…>_<…

2014-06-30 12.39.29
(庭にはたくさんのツボ。コチュジャンを作っているんですって!)
2014-06-30 13.00.21

(家から少し散歩して見つけた寺院。私も初めてきたわ〜ってお母様もはしゃぐ)

起きてからも自然の美しい近所を案内してくれたり、ランチには地元で美味しいと評判の冷麺屋さんに連れていってくれました!お母様と、おばあちゃまと、近所のおばちゃまと!(笑)みんな仲良し〜^^
とっても優しい味で美味しかった〜!♫餃子みたいなのも美味しかった〜!
IMG_4304

最後にお土産などを買うのにロッテに行きたい!という私達をそこまで送ってくれて、さようならしました★
IMG_4307

本当に心ポッカポカですね〜人類愛だ!
どうもありがとうございました!私もこの気持ちを伝えたいので、韓国語も少し勉強したくなりましたね!
photo-11

後日翻訳アプリを使って必死に書いたハングルのお手紙。すんごい書くのむずかしいな…でも覚えると簡単らしいので、やるか!!
これとお土産で持って行って喜ばれたヨックモックのクッキー達を一緒に送りました☆
これで皆笑いながらお茶でもしているだろうな〜っと思いながら!

THE END

YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=MgNCrgTE4jY




最高のロンドンの過ごし方!How to spend the best time in LONDON!!

2013年の夏、以前住んでいた愛しの都市、ロンドンを訪れました!
滞在の内容を物凄く簡略化してお知らせします!

まず着いてすぐに友達の家に荷物を置いて、トラファルガースクエアへ行き、オペラのパブリックビューイングを鑑賞。
IMG_0974

眠気がひどく、すぐディナーをすることに@Nandos!
(鳥料理がリーズナブルに楽しめる、ファミレスみたいなところ。住んでいる時もお気に入りの場所でした!)
IMG_0996

次の日から〜
リージェントパークでピクニックをしたり、

IMG_1020

夜はナイトブリッジ(ハロッズ本店がある駅)のショーバーを満喫し、

IMG_1136

IMG_1141

ピカデリーサーカスにあるデカプリオ様も訪れた、おしゃれ中国系レストランにて飲んだり、

IMG_1158

中華街のお気に入りのお店で小龍包を楽しんだり、

IMG_1167

そんなこんなで、しばらくヨークに滞在中に王子のジョージ君が誕生したり、

IMG_1513

この前までロンドンで1番高い所にあるレストランだった素敵なCenter Pointで、学校が一緒だった友人と再会のディナーを楽しんだり、
(ロンドンアイなど全てのライトアップされた観光名所を一望。コースのお味も超美味しい!!)

IMG_1603

IMG_1604

IMG_1607

IMG_1609

買物したり、、

IMG_1617

大好きで美しいバレエ、白鳥の湖をみたり、

IMG_1630

シェイクスピアのお芝居みたり、(マクベス)

IMG_1615

フォートナムメイソン本店に最近できた、ダイアモンドジュブリーティーサロンにてアフタヌーンティをしたり、

(Queen即位60周年記念)

普通に働いているダンディなおじさんが、いきなりラウンジにあるピアノをロマンチックに弾きだしたりして最高!!
なぜかソルティーバージョンのコースにしました。
IMG_1640

IMG_1645
IMG_1647

IMG_1653

Oh lovely time!!

一番好きな公園Richmond Parkにて元ホストファミリーと、お散歩&ティータイム☆

もう本当に気持ちがいい〜〜!
IMG_1552

IMG_1558

IMG_1568

IMG_1570

IMG_1571

IMG_1572

IMG_1578

ちゃっかりリバティでカップ&ソーサーセットや、各滞在先での記念の品をGETして帰国!

IMG_1673

は〜本当リア充過ぎて自分でもビビリますね。

まだまだ載せきれない写真が一杯ですが、こんな感じでした!

幸せな夏♬