福岡美食アトラクション🍴おまけ❤️

img_1829
有機茶園を訪れた後は、
300年の歴史があるお酢屋さん「庄分酢」へ🌞

こんな所におしゃれなショップとカフェがあるんだ〜🌸
コースランチとかは3000円位と
東京と変わらないですね😊💦

img_1835

ここでは試飲をして美味しい!
となった飲むお酢生姜酢を購入🍸

水で5倍に薄めて飲みます!
これが美味しいんだ❤️
それと魅力的なヘルシー美容お菓子を🎵

img_1859

お次はランチへ🍴
田主丸という地域🌲
“たぬしまる”
楽しもう!」という意味でつけられた地名らしいです😇
山をまたどんどん登って行きますと、
おしゃれなレストラン発見💓

『グリーンヒル』
“GREEN HILL”
びっくりしたのが、駐車場もほぼいっぱいだったこと🚗
平日昼間で車じゃないと絶対来れない
ような場所なのに🚕凄い人気ですね👍

img_1839
img_1845

結婚式も挙げられるガーデンチャペルがある👰💐
素敵💕

img_1843
img_1846

こちらでパスタランチしました😊

img_1858

img_1847

その後は更にデザートかな⁉️
どこで?
いや〜ここでも何だか嬉しいことが💓
ここは巨峰などが盛んに栽培されていて、
巨峰狩りも出来る🍇

ゆっくりとした時間に包まれながら、
採れたての巨峰を頂きました💜💗💛

img_1849
img_1850

そんなこんなで博多までまた送ってもらい解散でした😊
本当色々てんこ盛りで楽しかったです🎵
また福岡らしいFOODを食べていないので、
例えばラーメン・明太子・屋台などなど🍜

img_1860

ちなみにめんべいの辛口を甘くみていましたが、
辛すぎて韓国の友人しかまともに食べられませんでした💦(笑)
今度からまた普通の買います💡

次回も楽しみです😄💓
お付き合い頂いた皆様、
誠にありがとうございました🌈🍀💕

オーロラ旅行でフィンランドへ✨⑦<念願のオーロラ鑑賞!!>

<<<前回の記事を読む。
(紅葉の中で乗馬!)

in レヴィ!

さて、自然の中で乗馬を満喫して
ホテルへ戻ってまいりました!

レセプションで無料の自転車を借りると、
母と私は町へ繰り出しました〜🚲

といっても町はとても小さく、
見るところも限られているので、
やっぱり何かアクティビティ的なものがしたい。。‼️

それで小高い丘の上に登れるロープウェイに乗る事に⭐️

チケットはどこで買うんだ?
かなり分かり難いですが、
ロープウェイの前にはスポーツウェアを販売する量販店の建物があって、
そこにあるカフェ(フードコートみたいな)の
カウンターでチケットが買えます!!

その丘からスケボーみたいのに乗って、
滑り降りるアトラクションがあり、それにしました💡

行きのロープウェイと滑り台代で、一人⒎5ユーロ💶

上に登ると、
IMG_8654

シルカ湖周辺を一望できます!✨
綺麗〜!

IMG_8655

これまた分かり難い滑り台の出発地点でしたが、、
行ってきます⭐️
IMG_8656

原始的でしたけど、案外楽しかったです‼️

降りてきた母も満足気❤️
IMG_8660

後ろ詰まってる、、ww

IMG_8661

<<この様子はこちらの動画で!>>

その後は適当に町でサンドウィッチ食べました❤️

ちなみにスーパーで文字通り爆買いした、
大好きなお菓子はこちら!
Bueno!!!!!💓
images-1
images

あっちのテレビのCMでたくさん流れていたので、
食べたくて堪らなくなって、
1つ買って食べたらハマりました‼️(笑)
IMG_8662
ホテルでもこんな感じでbuenoとティータイムしてました💕

——————————–

さてさて、では深夜のオーロラ鑑賞へ

今日は雲もなく、晴れているぞ〜〜🎵
22時頃に湖へと借りた自転車で参らん!

もう向かっている途中からオーロラが出現‼️

IMG_8682

こんなヒラヒラした
光のカーテンが空一面に
IMG_8684

星も良く出ていますね😃
こんなに広く一体に出現するんだなぁ〜と思いました!
IMG_8685

うわぉ!!!
オーロラが自分の真上に
‼️↓↓↓

IMG_8686

私はこれを寝転がって見ていました!
IMG_8689

もの凄く神秘的で、この真上に来た時間は
「オーロラと対話をした」感覚でした⭐️
IMG_8690

こんなぐるりんっとなっているのも💡
IMG_8692

オーロラは約30分に一回消えたり出たり繰り返していました。
はぁ〜本当に満足でした!💓

クラブツーリズムのガイドの方にも感謝申し上げます😊
ラッキーで至福の時間を
どうもありがとうございました✨

これでフィンランド、オーロラ旅行記を終わります✒️📖

読んで頂いた方にも感謝申し上げます!

Moi moi!!❤️
IMG_8677

オーロラ旅行でフィンランドへ✨⑥<紅葉の中で乗馬!>

<<<前回の記事を読む。


さて、更に北に移動をしてラップランドへ‼️
シルカ湖の近くにある、小さな町へ🚌

ここでは深夜のオーロラ鑑賞まで、
全ての時間がフリーということで💡

昼間も夕方も自由!!
「暇」ってことですね😄

じゃあ何のアクティビティができるの?
ということで町にあるインフォメーションセンターへℹ️
かなり丁寧でスムーズな対応でした✨

そこで私と母は自然の中で乗馬🐴を満喫しようと、
予約手配をしました😍
英語が話せれば詳細も色々と聞いて、変更も出来るし良いです🇬🇧

一人4時間で190ユーロもする?!と聞いていたのですが、
実際は時間も細かく選べて、2時間をチョイス⏰
一人65ユーロでできました💶🎵
4時間も急にすると足腰が痛くなるので、それはそうですよね。
予想していたより遥かに安くできたのでラッキー❤️

少し離れた牧場から送迎サービスがあり、
そのℹ️センターに来てくれるというのですが、
私が「それは面倒くさいから、私たちのホテルの前まで来てくれない?」
とお願いすると快く承諾してくれました✨またまたラッキー😇
何でも言ってみるもんです🎵

そのすぐ横くらいにあるレストランでランチ兼夕食をとることに🍴

IMG_8580

IMG_8581

IMG_8582

激高でびっくり‼️
・サーモンとポテトのクリームスープ
・サーモンと魚介類のトマトソースピザ
・コーヒー1杯

以上で34ユーロ、約4760円。
これが北欧、いやラップランド価格か〜
美味しかったですけどね!

——————————–

さて、次の日いよいよ乗馬に出かけます🐴
朝食は毎度のことですがヘルシー美味しい💕

IMG_8618

ちゃんと時間通りにホテル前まで迎えに来てくれました。
で、着いたらこんな感じでした!

ようこそ〜✨
IMG_8648
IMG_8620
中に入るとさすがに馬小屋ですし、
鼻をつん裂く臭いが、、、(笑)
IMG_8621
IMG_8622

ヘルメットは自分でチョイス!
IMG_8623

馬の非常口?!かわいいです〜
IMG_8624

ここで「怪我しても自分の責任です」
みたいな書類にサインして、
いざ外へ参らん!!
IMG_8642
馬たちは骨太な感じで、おっとり系〜🎵

なでなで〜

IMG_8634
お客さんは私達だけで貸切状態でした💕

私達の前後に若い女性のスタッフさん
2人が常についてくれていて安心👭

IMG_8625

IMG_8631

<この時の動画はこちら。>

本当黄色い紅葉がとっても綺麗な秋の林の中、
気持ちよく乗馬できました🍁💗

時々木の枝にぶら下がっていた動物の毛みたいなものがあって…
結構高いところにあるから、かなりデカイ獣のようなものがここにはいるのかしら…
怖し‼️Σ(・□・;)

って思って聞いたら、これは本当に空気が澄んでいて
綺麗なところにしか生息しない、
木に寄生する植物の一種なんですって!!🌲

本当に凄い〜!😯
そんなすんばらしいところでずっと呼吸していたなんて✨

体が浄化された気がしました🎵

さて2時間の乗馬が終わると、
ティータイムまで用意してくれました☕️💕

IMG_8652

伝統的な離れのような小屋の中で!
外の方が暖かいのでは?と思うほど寒かったですけど(笑)

こちら温かいベリーのブレンドジュースです!美味しかった✨
クッキーも頬張りながら幸せ!たくさんお話ししました😊

ホテルへも車で送ってくれて満足❤️
ありがとうございました!!

夕方の街散策と、深夜のオーロラ鑑賞は
次回へつづく★>>



オーロラ旅行でフィンランドへ✨③<ムーミンに触れて…>

<<<1つ前の記事を読む
(ヘルシンキ編)

こんにちは、Tea StylistのSAORIです♡

さてフィンランドに着き、
まずは首都のヘルシンキでした!
これから北上です‼️

ムーミンの生まれ故郷である
タンペレへLet’s go!🚌

バスで2時間くらい走り、
道中にあるイッタラ・ファクトリーショップへ☕️

日本で買っても、フィンランドで買っても
さほど変わらぬ値段ではありますが、
ここはおさえておきたい!
IMG_8794

色々買ってきて、今使ってます〜✨

IMG_8736

フィンランドのチョコレートブランドも発見💕
IMG_8118

店内の様子。
IMG_8122

ショップの中から
チョコレート工場が見える🎵
IMG_8119

ここで作ったチョコレート達は、
色々なデザインと味があって可愛い💓
IMG_8120
後日GETしたチョコでティータイム🎵
IMG_8697

その後…
🌲ムーミン谷博物館へ🌲
作者はトーべ・ヤンソン女性です👩
彼女はムーミンの絵を描き、物語も書いた📚

他にもたくさん本を執筆していた様だが、
有名なのはやはりムーミンシリーズ💗

彼女の弟も有名な建築家で、この博物館の内装に携わっていたそう🏠
それがキッカケで、老後に作品の管理や維持を心配していたトーべは、
ここの博物館に作品を寄付する事を決めた💡
IMG_8128

博物館の地下1階に広がるムーミン博物館。
薄暗くて、作品の写真撮影は禁止📷❎

貴重で繊細な作品は、更に薄暗い小部屋の中に展示されていた✏️
強い光を浴びないようにして保たれている⭐️

IMG_8130

子供の頃、散々ムーミンの物語を読んだり観たりしたが、
あまり覚えていなかったし、正直そこまで好きなキャラクターでななかった😓

でも実際にトーべの直筆の作品を見たら、とても好きになった‼️

大量生産のただキャラクターとしてのムーミンではなく、
そこに居たのはとても愛らしく温かみのあるもの😊

初期のものは新聞へ連載していたのも関係しているのかもしれないが、
黒い細いペンで描かれているだけ。
しかしカーブ一つ一つがとてつもなく、うまいのだ🌈

IMG_8156

ストーリーも今になって聞くと、かなり深い😯
絵もストーリーも素晴らしいなんて、すごい才能💖
トーベ様✨
また帰国後にムーミン全て読み直そうと思いました📕

IMG_8159

ここでムーミンオリジナルの切手が購入でき、
その場で発送できる💌
早速日本で待っている姉に、ハガキを送る母✨

次に近くのムーミンお土産ショップへ🌲
IMG_8173

小さい店内🏠

お土産屋さんに連れて来られると、
つい買いたくなっちゃうんだよな〜
うまいですね〜(笑)💦
木製のムーミンパパや、
ミーのバックに付けるネームタグなど購入💡

さてさて、お次はAikuinen Towerへ🏢🌲
展望台があって…と聞いていたので、
とても高いタワーを想像していたけど、
驚くほど低かった!!(笑)
多分5階建てのビルくらい😯
IMG_8185

でも心配ご無用!
そこまで高い必要はなかったんです💡
それは、ここが小高い丘の上に建っているから🗻

エレベーターで上ってみると、この景色⭐️

IMG_8187

すごい綺麗〜〜〜✨
空気も美味しいし、程よく涼しいし、キレイな緑と湖と空!!

タワーの麓はこんな感じ。

IMG_8189

小さな町も素敵。
IMG_8193

IMG_8194

「この展望台に上る前にチケット必要なんじゃないの?」
って思いながらも上って行っちゃいましたが、
なんとチケットが販売されているのは、
1階の右側にあるカフェカウンター☕️💰

なんと自己申告制なんです‼️

日本人ですからね、上った後にそこに行って、
律儀にチケットを買いましたよ〜👏

そのついでに、ここのもう一つの名物品をGET!

IMG_8203
ドーナツ」です‼️🍩

この塔が建った当時のレシピから全く変えていないそう🍳
そんなの本当に美味しいんかい?!と。
そしたらこれが本当に美味しいドーナツでした😍

砂糖にまみれているのに、甘すぎないし、くどくない。
軽くペロッといけちゃいます🎵

中に黒い点々のハーブが練りこまれているのが見えて、
それがいい香りなんです🌿

IMG_8217

その後は、地元の高級住宅地を怪しくもウロウロ🚶💨
可愛くて大きいお家たくさんありました🏠
道路の方は窓が少なく、湖の景色に面している奥の面は
大きなガラスの窓があったり、素晴らしいデザイン🏡✨

近くにあったブランコに乗って、
久々にはしゃぎました🎵ww

IMG_8222

夕食はAstorというレストランで。
サラダやデザートも付いています
やっぱりサーモンは美味しいですね💓

IMG_8244

ミニスーパーで少し買い出しをしてから、いざ
サンタクロース・エキスプレス寝台列車」で
ロバニエミへ。

駅の様子。
ここにすごいイケメンしましたよ!
大好きな映画「きみに読む物語」の主人公みたいな顔してました❤️

IMG_8245

夜9時半頃に乗り込みました。

中はこんな感じです!
サンタ的要素は一切ありません‼️(笑)
ネーミングだけですね!

IMG_8246

中はかなり清潔でした〜✨
タオルと水もついていて、2段ベット・荷物置き場・
小さな洗面台と鏡・壁に付いた折りたたみ式のイス・
ベット脇に時計、読書用ライト、充電用ソケットがあります。
トイレとシャワー室は共同です💡

IMG_8247

雪の結晶とフクロウさんのデザイン🐥
グリーンを基調としていますね🌲🌲🌲

IMG_8249

2階に分かれていて、食堂車もあります。

相当揺れが激しいので、どこでも寝れる私でも
何度も目を覚ましました😲💦

しかもそれぞれのドアはオートロック式で、
カードキーを忘れてトイレに出た隣部屋の方が
深夜締め出され、同部屋の方は熟睡で
大変なことになってましたよ。。💧
気をつけましょうね!
冬だったら列車の中と言えども、更に寒くて死んじゃいますよ〜

次の朝7時頃にロバニエミに到着‼️

IMG_8253

さて、ここではどんなことが待っているんでしょうか!
わくわくです〜🎵

つ・づ・く>>>

SAORI


オーロラ旅行でフィンランドへ✨① <フィンランド基本情報>

こんにちは、Tea StylistのSAORIです♡

この度はかねてから母が
「一生に一度は見たい!!」

と言っていたオーロラを見るため、
フィンランドを訪れることに✨
Finland_i_Flag

イギリスに住んでいて、ヨーロッパ旅行は
たくさんしていた私ですが、
北欧を訪れるのは今回がなんと初めて✈️

正直はじめはあまり興味がなかったです。

でも結果的に言うと…
本当に行って良かった😊✨

皆さんにも本気でオススメしますよ!

実際の旅の話は後でするとして、
ざっくり基本情報説明入ります💡
てい!

イメージとは違いますが、フィンランドは日本から
1番近いヨーロッパの国で、約11時間で着きます✈️

首都:ヘルシンキ(南部に位置)

finl-MMAP-md

通貨は北欧で唯一「ユーロ」を採用しています💶

(今1ユーロ=135~140円くらいですね!)

物価はさすがに北欧なので高い!

euro1

人口は約544万人と少ない👫

国土の1/4は北極圏!🎅

『森と湖の国』と言われる位ですから、
森は国土の2/3にも及ぶ🌲
(約2000万ヘクタール)
32_small

湖は国土の1割で、約19万カ所もあり世界一?!🌍

トナカイは北部に生息していて約20万頭🐎
フィンランドの北極圏人口よりも多いと言われる。
finland-sami-tent-reindeer

国民性はとても自然体な優しさが溢れている、、
と感じました!
日本くらい好感の持てる「おもてなし」感が
ありますが、それが無理なくナチュラルにやっている✨
笑顔も発言も😄

言語はフィンランド語ですが、表示は3ヶ国語📚
フィンランド・スウェーデン・ロシア語です!
finnish-language1

他の言語に比べると、
フィンランド語だけ全然違うみたいです、、w
c2cd6dd5e0aab99942ef42788aea181d

しかしみんな英語もペラペラで、
英語だけで普通に生きていける!🇬🇧

日本でいう「はい〜」が「ヨ〜」で
とても不思議で可愛い💕
ヨ〜ヨ〜言ってますよ(笑)

水道水はそのまま飲める😊

イケメンと美女率が半端じゃなく高い💗

さて、この基本を覚えつつ、
次回から実際の旅の模様を書きます!!

お楽しみに〜〜♡

SAORI

その②ヘルシンキ編を読む>>>






Harry Potter Cafe. ハリーポッターなカフェ。

 テレビでハリポ映画特集がやっていて、ふと思い出す。

そういえば、去年訪れたスコットランド、エジンバラでの話。

著者J.K.ローリングさんは、

r
a760edc7fd70621d2c86e4d07be76c76

たくさんのハリポ作品を、このエジンバラにあるthe elephant houseというカフェで制作していた。
IMG_1410あまりにも有名な話なので、地元民のみならず多くの観光客が訪れている。

名前の通り、中にはたくさんの象のモチーフ
IMG_1411
私がついた時には店内が混み合っていたので、少し立って待っていた。
店内入ってすぐ脇にある壁に面したカウンターを「どうぞ」と言われたが、私は奥のテーブル席がいい!と主張。

定員さん達がとてもいい感じで優しく、快く了承してくれた。
しばらくして奥に案内された。
店内入ってすぐのところからは想像できなかったが、結構奥は広い

ここでハリポは書かれたのか…

私がここで驚いたのは、とにかく「味」!
観光地化しているからとなめていた。

はじめ、アップルパイのアイスクリーム添えを注文。
IMG_1412

That was really fantastic!!
温かいトロトロの中身が流れ出しそうなアップルパイに濃厚なバニラアイスが…美味しすぎる。しかも大きい。

この時となりの4名席に座っていたフランス人一家としゃべりこむ。
父、母、娘。
お父さんは地理学か何かの大学の先生で、お母さんは英語の先生なのだとか。

そのお陰で、英語でスムーズにコミュニケーションをとることができた。
娘は13歳くらいだったかな。
IMG_1416

すんごい綺麗でピュアな透明感がある子だった。
彼女は日本の震災の事や、その時の日本人の振る舞いをとても尊敬していると話してくれた。
私たちは日本が大好き。

とっても良い出会いだった。

家族が帰ってから、結構時間が経っていたのでお腹が空いてしまった。
抑えきれず、チキンのシーザーサラダを注文。
IMG_1418

これもまた驚くことに絶品だった!
Très bien!!

さっき家族が座っていたところには旅行中のカップルが座った。
はい、この方達もフランス人だったので運命を感じる。

大学生の先生と生徒のカップルらしい。
Wowと思うが、先生(男性)は全然若い人だった。

2人は車でスコットランド中を巡るのだそう。

また2人と話し込みすっかり日も傾いてしまった。

この後ブラブラとハリポのホグワーツ魔法学校のモデルになった学校を外から眺めながら、やっぱりすんご〜いと刺激を受ける。

そうしているうちに傘もないのに土砂降りになり、あたふた駆けずり回っているうちに迷子に。

ずぶ濡れになりながら、やっと入ったパブで温かい歓迎をうけ、朝まで数日前に生まれたばかりの王子の名前を予想しあった。

その時私がかけた名前は
ジョージとルイだった。

2つとも当たっていた。。

とさ^^