インド女子旅行記⑦〜ダージリン編Ⅲ 工場見学〜

ダージリン茶園 工場見学の日

朝目覚めると、少し霧がかった空気が太陽の光をやわらかくしていた。横を見ると友人の姿がない。

ゆっくりと身支度をしていると彼女は戻ってきた。日の出の写真を撮りに行ったらしい。お寝坊な私もこれで美しい日の出を拝めることができた。ありがたい。

ダージリン茶園から望む朝日。
ダージリン茶園から望む朝日。

ホストファミリーのお母さんと一緒に朝ごはんを食べ、今日は工場に見学だ。

昨日ファームで見た茶葉たちがどんなところで加工されるのか楽しみだ。

2、3分歩いて工場へ。しっかりと衛生管理のため、もらったマスクとキャップをつけて。工場の中に入るとまだ初期の加工段階なのに、ティーの芳醇な香りが満ちていて驚く。

昨日と同じ案内人が丁寧に案内してくれた。私の質問が多すぎてもちゃんと答えてくれる彼は、本当に優しい目をしている。必死でメモも写真もたくさんとった。

驚くことに昨日空港まで迎えに来てくれた人が、最後のお茶を袋に詰める工程にいた。彼も気づいて手を降ってくれた。ここではみんな色んなことをかけもつのかもしれない。

柵にみんなで寄りかかり、かじりつくように作業を見ている。
柵にみんなで寄りかかり、かじりつくように作業を見ている。
揉んだ茶葉を約一晩寝かせて発酵させている。
揉んだ茶葉を約一晩寝かせて発酵させている。

辺りはガシャガシャガシャガシャ・・・と忙しく働く機械の音が途切れることなくつづく。主なマシーンは殺青(さっせい)と言って、加熱して茶葉の発酵を止める時に使うものや、葉の大きさでグレード分けするものなど。細かい葉は自動的にティーバック用に回される。こういう機械の存在は量産するのに大きいだろうなと思う。

葉の大きさごとに振り分ける機会。
葉の大きさごとに振り分ける機会。
最後の袋詰め。お茶のすごく良い香り。
最後の袋詰め。お茶のすごく良い香り。

その後、茶園のオーナーさんを少し待ってから、みんなでティーテイスティングの時間。スプーンですくったティーを思っ切りズズーーッ!と音を立てて吸い込む。ワインのテイスティングのように。結構顔の筋肉を使う。

ティーのテイスティングを楽しむ。
ティーのテイスティングを楽しむ。

満月の日に摘んだティーとか、ダージリンの緑茶とか、白茶とか、ウーロン茶(ダージロンって言ってた。w)とか、珍しかったり高価なティーまで楽しめた。どれも味と香りが全然違った。

最後になぜかオーナーさんが何の木を植えたい?とみんなに聞いてまわった。

良くわからなかったけど、みんなリンゴとかオレンジとか言ってた。私は「お茶の木」というと、それなら!とお茶の木の種をくれた。これは持って帰ったら違法なのでは?(笑)と思った。しかし言ってみるもんだ。

茶の木の種。やっぱりツバキ科だから種が似てる。
茶の木の種。やっぱりツバキ科だから種が似てる。

とても力強くて魅力的な出会いに感謝。ちゃんとテイスティング用の茶葉をたんまり買い込んだ。

お会計時の計算で驚くことが。私の計算間違いで支払おうとしたお金を「多いぞ!多く払い過ぎないでくれ!」と言ってきたこと。インドに来てこれまで、いかに日本人から金を絞り出してやろうかという人たちに、たくさん出会ってきたから、本当びっくりした。ネパール系インド人最高!

さぁ、次回は極上のダージリンホテルに泊まったお話をしましょう。さらに数時間かけて標高高く登っていきます。お楽しみに。

インド女子旅行記⑥〜ダージリン編Ⅱ ホームステイ〜

ダージリンでのホームステイ

ホームステイの部屋はこんな感じだった。意外に快適で可愛い。

先におやつの時間だと、この茶園でとれてたティーとおやつを振舞ってくれた。飲んだ瞬間、これは極上のセカンドフラッシュしかも、マスカテルフレーバー(マスカットのような香り)が強い!と天国状態に。これ日本で飲んだら高いでー!懐かしいビスケットに、今焼いてくれたという、おせんべいのようなものまで。心温まりますな。

お世話になったご家族は、お母さん、お父さん、息子の3人。お父さんはお仕事、息子は学校で忙しいらしく、私たちはほとんどお母さんと話した。

とても素敵な笑顔でキレイなお母さん。英語もうまい。ヒンドゥー教の神々の話をしたりしたけど「人種も宗教も関係ないわ。私にはとても良いカトリックの友人がいたり、自分が信仰している神をその人が信じていなくても、それは人それぞれ自由だと思うの。良い人なら私は誰でも大好きだわ。」と言っていた。

日本人として少し悔しかったのは、この話になかなかついていけなかったこと。タイ人の友人は、仏教やヒンドゥー教の信者が多い国で育っているので、えらく詳しく話を深掘りしていった。私ももっと色々知りたいなと思った。

ここでのステイは驚くほど安い。1泊1,000円くらいだった。それでも良いお金になるらしい。

家の1階で営んでいる売店では、いたる物が売っていたけど、私たちも日本でおなじみのワセリンの極ミニジャーの値段が10円くらいだったのでびびった。これで利益出る・・んだ?


夕食はこんな感じ。あまり見えませんが、野菜のカレー、ひよこ豆のスープ、ご飯。どれもやさしい素材の味が生きていた。全てナチュラルで美味しかった。みんなで話していると、やはりホストマザーも「貧しいけど、とっても幸せなの」と目をキラキラさせて、大きく笑った。なんだろう、こういうグッとくる感情がダージリンに来てから何度も。

自然に「ありがとう」って出ちゃうよね。

この家で一つ私がヒーコラ言ったのは、トイレ&シャワー室。換気口が外にダイレクトに通じているのかな?大きなクモ(全然動かないけど)や、大きなナメクジなど天井に現れる。天井は高いんだけど、さすがにパニック。トイレは我慢してできるが、シャワーはちょっとパス!不潔な私をお許しください(汗)

やはり標高が高いので夜は冷えた。こんな時に持ってて良かった寝袋。これでぐっすり明日の工場見学に備えよう。おやすみなさい。

 

インド女子旅行記④〜アッサムⅣ お買い物〜

少しでもアッサムで良いことがあった気分☺️

インドに来て、本当「人の言う事は疑ってかかった方が身のためだ」と学んだけど^_^; そうアッサムはインドの土地の名前で、お茶の名前にアッサムというのがあるけど、それは産地名ということ!

日本でお目にかかるアッサムティーはほぼミルクに合う安定した香り豊かなフルボディの味わい^ ^
なのでアッサムでもグリーンティーが作られているとなると、緑茶だけども「これはアッサムティーです」という訳のわからない混乱が日本では生じるでしょうね(^O^)

その後ゴチャゴチャとした周辺地域をウロウロ!暑いし乾燥している…歩道はボコボコだ…土煙がたち、何のだか分からない水たまりがあったり…なんか臭い、、人が多い、どこにでも人人人!!
たくさんの激安な商品の山の中でひっそりと働く人達。珍しい日本人を見る目は好奇心に満ちていた(@_@)

迎えにきた車に乗り込み、さて次はどこへ行こうか!?お昼も過ぎたしランチをしよう✨そう、前日学んだ通り欧米系のフードチェーン店へ行こう!本日のランチはKFCだ!


大きなビルなのにあるのはこのKFCだけみたいな^ – ^ハリボテ感出た(笑)KFCは国によってオリジナルのメニューがあるから楽しい。インドではタンドリーチキンのサフランライス丼が‼️


おいしそうだ辛さはどうか心配だけど、、この模様は動画に撮った こちら⬇️⬇️⬇️

(雑音酷くてすみません。店内がクラブ並みに音楽かかってました。。)

さてお次は、、「ショッピングがしたいから、モールに行って欲しい」と昨日はそう言って外見だけで何もないじゃん的なハリボテ・モールに連れていかれた事がしばしばだったが、果たして今日はどうなるか^_^;

辿り着いたのは特に外側からは派手さがない建物。そこまで大きいとは言えないが入り口には金属探知ゲートと警備員!これは期待できそうだ✨入るとやはり欧米系ファッション・ブランドたちが!


これには友人も私も「インドの世界から一瞬でも解放されるオアシス」とばかりにはしゃぐ❤️

1軒インドの普段着を販売するブランドがコルカタ発のブランドらしくて鮮やかな麻布に、鮮やかで可愛らしい刺繍が入っている(^O^)

これは可愛い!1着是非欲しくなった私たちは試着を繰り返す^_^

1着とその下に履くレギンスを含めても3000円行かなかった!!安すぎて驚く✨しかも丈の長さ、くびれ具合調節、そして袖付けなどすぐにやってくれて、しかも無料‼️信じられないな〜

ホテルに後で届けてくれる事になって、それも無料だなんて、、ここはインドですか?!!

その後マーク&スペンサーへ✨イギリスの衣料品も売ってるスーパーみたいなブランド❤️なつかしいな〜ここでの値段は本国とは大して変わらないが、生産はこっちなのか安いものの方が多かった!ここでジャケットを買ったのが、後のダージリンで吉と出た✨旅は行き当たりばったりで楽しいね(^ ^)

ホテルへ戻れたのは午後6時位で、ドライバーにちゃっかり延長料金も請求されて下車!

さて明日もフライト✈️「ダージリン」へ移動だ!!
インド全く行く先が予想出来ない…先行きの不安を感じつつ眠りについた(-_-)zzz

インド女子旅行記③〜アッサム編Ⅲ 紅茶の商談?!〜

アッサムで迎えた朝☀️おはようございます!
こんなゴチャゴチャした小さな町で、意外にも快適だったホテル☘️

IMG_2808

1階へ朝食をとりにいく。色々とインドの朝食はしっかりとしているらしい。カレーの良い匂いが立ち込める🙂朝からカレー臭でも大丈夫だった。もたれる感じはない!果物やフルーツサラダ、シリアル、数種類のカレー、小さなナン、ライスなど

IMG_2759

サーブしてくれるちゃんと白シャツを着た青年達がいる。こんな小さなホテルなのにな〜

しかもこのホテル内でコルカタから来たという会社御一行様たちは会議をしているらしい!ちょうど同じ時間に朝食をとっていた、その会社で働くインド人女性と写真をとった!!というより、ここでは日本人を見るのが珍しいのか、むこうから写真を一緒にとりたいと頼まれたのだった☺️素敵なインドのサリーを着ていた✨

IMG_2761

今日は昨日の夜連絡が入った、ティーのディーラーに会いに行く事になった‼️その人ならアッサム市内にいる✨ホテルでまずタクシーを呼ぶ。

インドの車の床には大体園芸用のマットみたいなのが敷いてある(笑)

IMG_2768

まず目的地の住所らしきものをドライバーに見せると、不思議な顔をされた。送られてきた住所は、通り名と向かいの建物名と、その建物名で、かなり謎に包まれていた。。とりあえずその建物名をウェブ検索をすると情報が出てきた!それに従って進んだ。

情報には「マルチプレックス・モール」と記されていたが、辿り着いたのはモールのモの字も似つかない、ドアもない2つの小さな店が入った廃墟のようなビルだった。ウェルカム トゥ インド😂

さて目的地に辿り着き、タクシーの中で新たな交渉にはいる☘️ドライバーは英語も全く話せなかったあのだが、私はノートに「〜5PM $○○?」と書き、見せる。今日の夕方までいくらでドライバーやってというもの。もちろん答えはYES💕こんな地元民しかいないような所で新たにクーラーも付いていない綺麗な車を捕まえるのは困難だとみたからだ😓

1時間後にまた迎えに来てもらう事にして、ティーのディーラーの所へいざ!✨

IMG_2784

ここだ!やる気なさそうにカウンターに腰掛けている男性。ここに来るように言われたと伝えてもかなりあしらわれる、、この男性の英語はインドなまりが強くなかなか聞き取ることはできない💦

IMG_2783
しかし私のタイの友人は分かるようで、英語から英語にして私に伝えるというまさに奇怪なトランスレーション現象が起きていた😅

そこで「日本のおせんべい大作戦」が始動‼️あけぼののおせんべいを大量購入してきた私🍀

IMG_2776

「この一袋でこんな値段がするいいお菓子だ」と伝えて渡しディーラーが食べ始めると「美味しい!美味しい!」と大絶賛!

IMG_2774

一気に仲の良い雰囲気に✨他のスタッフにもおすそわけ💕あけぼの様、ありがとうございます✨(笑)

どの種類・グレード・有機か否かなどを聞き、キロ単位の価格なども参考に教えてもらった✨

IMG_2809
またGETしたサンプルのティーを試してから連絡することに‼️

IMG_2780

つづく