インド女子旅行記⑧〜ダージリン編Ⅳ 高級ホテル満喫〜

ダージリンに高級ホテルあり

ダージリンの山をずーっと登っていく。
ダージリンの山をずーっと登っていく。

オーガニック茶園から車をチャーターして、標高約2200mまでさらに登っていく。これで3時間くらいまたかかったかな。お祭りが近いので、道路の両脇に連なる小さくてカラフルなお店も、たくさんの人でにぎわう。

インドの特徴としては常にクラクションがなっていること。こんなの日本じゃ考えられない。うるさいな~と最初はピリついていたのに、いつのまにやら神経マヒしました。

道中で何度かすれ違った、世界遺産のトイトレイン。
道中で何度かすれ違った、世界遺産のトイトレイン。

時折チョコレートを出して「食べる?」とドライバーさんをねぎらう。

もう夕方になって、日が傾いて来ちゃった!ついに到着!ここは相当高いところだと、劇的に違う気温が身にしみる。本当アッサムのM&Sでジャケット買ってなかったら、私は凍死してました!良かった~

アッサムのM&SでGETしたジャケット。
アッサムのM&SでGETしたジャケット。

このラグジュアリーホテルMAYFARE DARGEELINGは本当に素晴らしかった!
1泊1万円ちょっとだったかな。インドでは超高い!

ホテルの入り口。警備が厳重です。

ここまでふんぱつしても、やっぱり数千円の差ならトップに泊まりたいじゃないですか。
こんなに車に揺られてやってきたんだし(笑)

ウェルカムスカーフ。ハワイのレイ(花輪)みたいに、チェックインの時に首にかけてくれる。

ウェルカム・ティータイム♡
こういうバルコニーがたくさんホテル内に。
こういうバルコニーがたくさんホテル内に。

ちょっと待っている間には、ロビーでティーとビスケットが振舞われる。至福の時である。

お部屋も最高。こんなところあるんだな~

部屋へは外を通って移動。コテージみたいで不思議。
部屋へは外を通って移動。コテージみたいで不思議。
廊下も(外だけど)こんなに素敵。
廊下も(外だけど)こんなに素敵。

あっという間に日も沈んでディナータイム。本当に美味しくて驚いた。
ビュッフェスタイルだから期待していなかったのに、味は一流。
インドに来てから、ガツガツ何かをたらふく食べることは無かったので、止まらない。
驚くことにこの夕食・朝食・お部屋にあるスナックや飲み物は宿泊料金に込み。最高。

ダージリンの日没。
ダージリンの日没。

どれも驚きの美味しさ。メイフェアダージリンのディナー。
どれも驚きの美味しさ。メイフェアダージリンのディナー。

ベットの硬さ、アイロンのかかったシーツ、久々のバスタブ、白く輝くヒマラヤの山脈を眺めながら食べた朝食も最高。

朝のビュッフェの最高。目の前で好きなクレープみたいなのを作ってくれる。
朝のビュッフェの最高。目の前で好きなクレープみたいなのを作ってくれる。

しかし飛行機の時間が迫っている。この山を下っていくのに4、5時間はかかるだろう。。

昼過ぎのフライト最終チェックインのため7時頃には出発した。

ここはせめて2泊にするんだった。しくじった。また戻ってきたい場所の1つになった。

なかなか空港につかずに「これはやばいんじゃない?」と冷や汗をかきはじめた。

ここで出てくるのがブラックな私。ドライバーさんに「ついた時にこの金額をチップで渡そうと思ってたんだけど、フライトの時間がせまっているよね?ちゃんと時間内に到着したら、このくらいチップを増やそうと今思ってるから。」と伝えた。悪魔です(笑)

ドライバーさんがんばります。5分きって空港が見えていなかった時は、さすがに終わったと思いました。

しかし!チェックイン1分前になんと到着!WELL DONE!!

ちゃんと約束のチップを渡し、カウンターに走り、無事チェックイン。こんなバタバタな旅です。これからやっぱり首都は見ておかないとね。ということで、デリーに向かいます。

インド女子旅行記⑦〜ダージリン編Ⅲ 工場見学〜

ダージリン茶園 工場見学の日

朝目覚めると、少し霧がかった空気が太陽の光をやわらかくしていた。横を見ると友人の姿がない。

ゆっくりと身支度をしていると彼女は戻ってきた。日の出の写真を撮りに行ったらしい。お寝坊な私もこれで美しい日の出を拝めることができた。ありがたい。

ダージリン茶園から望む朝日。
ダージリン茶園から望む朝日。

ホストファミリーのお母さんと一緒に朝ごはんを食べ、今日は工場に見学だ。

昨日ファームで見た茶葉たちがどんなところで加工されるのか楽しみだ。

2、3分歩いて工場へ。しっかりと衛生管理のため、もらったマスクとキャップをつけて。工場の中に入るとまだ初期の加工段階なのに、ティーの芳醇な香りが満ちていて驚く。

昨日と同じ案内人が丁寧に案内してくれた。私の質問が多すぎてもちゃんと答えてくれる彼は、本当に優しい目をしている。必死でメモも写真もたくさんとった。

驚くことに昨日空港まで迎えに来てくれた人が、最後のお茶を袋に詰める工程にいた。彼も気づいて手を降ってくれた。ここではみんな色んなことをかけもつのかもしれない。

柵にみんなで寄りかかり、かじりつくように作業を見ている。
柵にみんなで寄りかかり、かじりつくように作業を見ている。
揉んだ茶葉を約一晩寝かせて発酵させている。
揉んだ茶葉を約一晩寝かせて発酵させている。

辺りはガシャガシャガシャガシャ・・・と忙しく働く機械の音が途切れることなくつづく。主なマシーンは殺青(さっせい)と言って、加熱して茶葉の発酵を止める時に使うものや、葉の大きさでグレード分けするものなど。細かい葉は自動的にティーバック用に回される。こういう機械の存在は量産するのに大きいだろうなと思う。

葉の大きさごとに振り分ける機会。
葉の大きさごとに振り分ける機会。
最後の袋詰め。お茶のすごく良い香り。
最後の袋詰め。お茶のすごく良い香り。

その後、茶園のオーナーさんを少し待ってから、みんなでティーテイスティングの時間。スプーンですくったティーを思っ切りズズーーッ!と音を立てて吸い込む。ワインのテイスティングのように。結構顔の筋肉を使う。

ティーのテイスティングを楽しむ。
ティーのテイスティングを楽しむ。

満月の日に摘んだティーとか、ダージリンの緑茶とか、白茶とか、ウーロン茶(ダージロンって言ってた。w)とか、珍しかったり高価なティーまで楽しめた。どれも味と香りが全然違った。

最後になぜかオーナーさんが何の木を植えたい?とみんなに聞いてまわった。

良くわからなかったけど、みんなリンゴとかオレンジとか言ってた。私は「お茶の木」というと、それなら!とお茶の木の種をくれた。これは持って帰ったら違法なのでは?(笑)と思った。しかし言ってみるもんだ。

茶の木の種。やっぱりツバキ科だから種が似てる。
茶の木の種。やっぱりツバキ科だから種が似てる。

とても力強くて魅力的な出会いに感謝。ちゃんとテイスティング用の茶葉をたんまり買い込んだ。

お会計時の計算で驚くことが。私の計算間違いで支払おうとしたお金を「多いぞ!多く払い過ぎないでくれ!」と言ってきたこと。インドに来てこれまで、いかに日本人から金を絞り出してやろうかという人たちに、たくさん出会ってきたから、本当びっくりした。ネパール系インド人最高!

さぁ、次回は極上のダージリンホテルに泊まったお話をしましょう。さらに数時間かけて標高高く登っていきます。お楽しみに。

インド女子旅行記⑥〜ダージリン編Ⅱ ホームステイ〜

ダージリンでのホームステイ

ホームステイの部屋はこんな感じだった。意外に快適で可愛い。

先におやつの時間だと、この茶園でとれてたティーとおやつを振舞ってくれた。飲んだ瞬間、これは極上のセカンドフラッシュしかも、マスカテルフレーバー(マスカットのような香り)が強い!と天国状態に。これ日本で飲んだら高いでー!懐かしいビスケットに、今焼いてくれたという、おせんべいのようなものまで。心温まりますな。

お世話になったご家族は、お母さん、お父さん、息子の3人。お父さんはお仕事、息子は学校で忙しいらしく、私たちはほとんどお母さんと話した。

とても素敵な笑顔でキレイなお母さん。英語もうまい。ヒンドゥー教の神々の話をしたりしたけど「人種も宗教も関係ないわ。私にはとても良いカトリックの友人がいたり、自分が信仰している神をその人が信じていなくても、それは人それぞれ自由だと思うの。良い人なら私は誰でも大好きだわ。」と言っていた。

日本人として少し悔しかったのは、この話になかなかついていけなかったこと。タイ人の友人は、仏教やヒンドゥー教の信者が多い国で育っているので、えらく詳しく話を深掘りしていった。私ももっと色々知りたいなと思った。

ここでのステイは驚くほど安い。1泊1,000円くらいだった。それでも良いお金になるらしい。

家の1階で営んでいる売店では、いたる物が売っていたけど、私たちも日本でおなじみのワセリンの極ミニジャーの値段が10円くらいだったのでびびった。これで利益出る・・んだ?


夕食はこんな感じ。あまり見えませんが、野菜のカレー、ひよこ豆のスープ、ご飯。どれもやさしい素材の味が生きていた。全てナチュラルで美味しかった。みんなで話していると、やはりホストマザーも「貧しいけど、とっても幸せなの」と目をキラキラさせて、大きく笑った。なんだろう、こういうグッとくる感情がダージリンに来てから何度も。

自然に「ありがとう」って出ちゃうよね。

この家で一つ私がヒーコラ言ったのは、トイレ&シャワー室。換気口が外にダイレクトに通じているのかな?大きなクモ(全然動かないけど)や、大きなナメクジなど天井に現れる。天井は高いんだけど、さすがにパニック。トイレは我慢してできるが、シャワーはちょっとパス!不潔な私をお許しください(汗)

やはり標高が高いので夜は冷えた。こんな時に持ってて良かった寝袋。これでぐっすり明日の工場見学に備えよう。おやすみなさい。

 

お茶のお供に…地方のお土産スウィーツが熱い!🍰

こんにちは、Tea StylistのSAORIです♡

最近はご当地系のスウィーツで、
ティータイムをするのにハマっています🎵

まずは北海道の名産ハスカップの品🍇

プルーンの様な見た目、
プラムの様な酸っぱさが特徴で、ブルーベリーの味に似ている💜

その果実は昔「不老長寿の秘薬」と言われていたそう💡

このハスカップを使ったお菓子が凄く美味しい💕
ティーにも良く合うし、北海道に行く方におつかいをお願いしちゃってます😋

IMG_7903

The precious fruit from Hokkaido area in Japan, Haskap✨
That tastes like plum and blueberry🎵
It was said as a secret elixir of perpetual youth and longevity in olden times🌈
The confectionary using Haskap is my recent fav for my tea time😋

続いては、北海道と真逆の

沖縄!!🏄✨

こちらは最近発見しました〜

タルトをもっと手軽に食べる…という発想で、こちらのサンド型お菓子を作られているそうです!
六角堂のバターサンド的な!💡

こちらがパッケージ。

IMG_7931

ロゴとかも可愛く、おしゃれ🎵

開けるところも、昔風の封筒みたいになっている✉️

IMG_7932

冷やして食べたほうが美味しいです🍧

常温だと中のクリームが柔らかすぎて、飛び出してきてしまうので💡

IMG_7935

レーズンは食べ慣れている感じありましたけど、全部美味しかったです!❤️

お試しあれ!

おまけ的な感じで、こちらも最近食べてみたのでご紹介!!
東京のお土産として発売されている「東京ぼーの」。

棒状のチーズケーキです🍰
それにキャイーンの天野くんプロデュースで、
マイヤーレモン&ダージリンという味が出ていたのです。

IMG_7983

紅茶が入っているということで期待していました🌟
しかし…
残念なことに紅茶の風味はあまり感じずに、レモンとチーズが異様に強い、、?
これはあくまで完全に私の主観ですが、美味しくなかった、、です😭
ごめんなさい。

国外編は、やはり中東来てるーー‼️
以前「中東のゴディバ」と言われている「Patch」をご紹介しましたが、
ど定番のデーツの実を使ったお菓子はいつも美味しいですよね〜〜💕

IMG_7886

美容にもいいし〜
今回はドバイによく出張に行かれている友人に、
こちら可愛いボールペンと一緒に頂きました☺️
うれしい!!

IMG_7888

結構品質のいい、こちらのブランド🎵
中にはデーツが入ってなくて、チョコとナッツだけで、
とっても美味しいものもありましたよ✨

もう、お茶してたらすぐになくなっちゃいました!笑

皆さんも良いティータイムを!

SAORI






Feeling EASTER @ Mandarin Oriental Tokyo

本日はティー以外のお仕事でマンダリン・オリエンタル東京にお邪魔!

アフタヌーンティー以外で訪れることはあまりなかったので、なんだか新鮮。

待合スペースのディスプレイがイースターになっていた☆

IMG_6534

巨大水玉卵から黄色い花がニョキニョキっと出てきていた。

卵の大きさから恐竜の卵みたいな。花は造花〜

かわいいですね!

IMG_6515

さてラウンジの方で打ち合わせと腹ごしらえを。
小さな滝が流れて、床に水が張ってあるデザインは素敵ですね〜 🙂

IMG_6516
サンドウィッチみたいなものを!と頼んだらこんな感じのが来ました。
ヘルシーで美味しかった!

IMG_6514
ティーはダージリンセカンドフラッシュ
ガラスのカップ&ソーサー&ポット、そしてティーバックに入った茶葉も私好みではない。。はぁ〜

見た目はあまり変わらないけど、まだウェスティンのガラスカップ&ソーサーより重みがあって高級感もあり、保温性も高いとみた。

ティーバックはいくら足し湯が可能と言えど、えぐみが出てしまうので、ほどよいくらいでポットから取り除いてしまいたいのだ。1、5杯目位までは美味しく飲めたかな〜せっかくの良い茶葉がもったいのうございます!

ちなみに上のラウンジでのアフタヌーンティーの際は、陶器のカップ&ソーサーを使用している。

IMG_6517

インテリアかわいい♬
奥の中華料理ピンクをテーマカラーにしていてモダンで可愛い!
店員さんのチャイナドレスもロングでショッキングピンク色〜

さて仕事してまいります!
今日も良いティータイムを 🙂

What I do for Afternoon Tea Project now! 3

今回プロデュースするアフタヌーンティーでは、
品質の良い茶葉を取り扱っている「リーフル」さんのティーを取り扱う予定★

厳選した紅茶を提供するため、リーフルさんの本社にてテイスティングをさせてもらいました!

試したいティーの種類が多すぎて、、
ここではダージリンを季節・農園別で色々試しました!

IMG_5948
For this Afternoon/High tea, we intend to use high quality teas from the tea brand, Leafull which is Japanese company and imports tea leaves from mainly Darjeeling in India.

I had a chance to visit their head quarter recently and tried so many darjeeling from different seasons and different farms!
There were too many types but I tried as many teas as I could.

IMG_5949

IMG_5950

あ〜なんて楽しいんでしょうか!!:D
これだ!っていう美味しい紅茶に出会った時、自然に笑顔がこぼれてテンションMAXになっちゃいます!笑

ご協力いただきありがとうございました。

また他のフレーバードティーやハーブティーなどはサンプルでお家で試させて頂きましたよ!

It was really fun! When I felt like “this is it!”, I could not stop myself smiling 🙂
Thank you for your cooperation Leafull!
As for the other flavored teas and herb teas, I got many samples to try at my place!
IMG_5951

こんなに…!
全て違う種類です〜

OMG this is all different teas!! So many!!

IMG_5954

IMG_5963

色がキレイ〜♬

Very colorful and beautiful!

IMG_5999

IMG_5993

 こんなにたくさんの中から選ぶのは、とっても大変でプレッシャーですが。。

しかしティーテイスティング楽しいな〜 😉

近頃は高級ホテルのアフタヌーンティーでさえ、ティーに全く関心のないマネージャーさんに変わるなり、コスト削減だけを考慮するので悲惨な状況なのです。

私もこれらから選んでからも、きっと「ご予算」という壁があるのでしょうけど、素晴らしいティーが提供できるように頑張ります!!:D

Choosing some teas from those many teas is kind of a pressure though tea tasting is always enjoyable!
Recently I am sort of disappointed in the situation of teas which are served in the luxury hotels.
Because most of managers do not care about its quality, of course without any knowledge of tea, and only care of the budget..
Then they serve normal ones. (It is not only for luxury hotels though.)

For my case, I think I will face some difficulties to serve only really high quality expensive teas.
However I will do my best! 🙂

● Launch Party Ticket: http://www.wazoo.jp/open/afternoontea/