インド女子旅行記⑩〜アグラ編タージ・マハル〜


みなさま、美味しいティータイムしてますか?

今日はインド女子旅の中で訪れた
素敵な遺跡の話をします。

お茶うけにどうぞ^^

 

インドの首都デリーに衝撃を受けてから
夜が明け、朝6時に起きてチャーターした
車へ乗り込み出発。

そう今日はインドに行くなら
絶対ここは逃せない、
そんな場所へと向かった。

相変わらずの大気汚染と、
朝の霧であたりは真っ白。

まだあのインド人のすごい人混みはない、
静かな朝だ。

牛さん、おはようございます。

お昼前頃にはアグラに到着するだろうとの事。

プライベートの車と運転手、デリーのホテルとアグラ間、遺跡・ランチ・買い物など1日中案内してくれる。
このツアーはネットで見つけて、一人80〜90ドル近くもしたけど、便利なのでお願いした。

一度サービスエリアに寄って、サンドウィッチと美味しくないチャイをいただいた。w

現地に到着するとガイドをしてくれる人と合流。
まずはタージマハルよりも古い都であった
赤い城「アグラ・フォート(アーグラ城塞)」に訪れた。

あまり写真を撮っていなかったので、
たくさんいたお猿さんの写真を。w

しつこいお土産やさん達から逃げ惑う私。w

ランチは思い切り観光客向けの高級カレー店。
辛くなくてまろやかで美味しかったです。

その後ついにあの愛の宮殿へ。

スケール違いの「タージ・マハル

おお、美しくて幻想みたい。合成みたい!


ムガル帝国5代皇帝が、亡くなってしまった
愛する王妃のために贅を尽くして建設した
総大理石のお墓。

条約などが関係しているみたいで、国籍によって入場料にかなりの差がある。
日本人はたくさん払ってください式。どこでもそうですよね。

タイ人の友達と比較してひどい〜と騒ぐ私の動画もまだあります。

インド人だとただ同然で入れますが、長蛇の列に並ぶ必要があります。
私たちはファストパス的に中へ♪

中はビデオ撮影が禁止で残念。
写真で勝負!

ダイアナ妃が座って写真を撮ったことで有名なベンチで記念撮影!
先日アッサムでGETした衣装がいい感じに。

大理石が汚れるのでこんなカバーを靴の上から履きますw

ここはやはり人気の写真スポットなので、少し並んで撮れました。
こういう時もガイドさんが付きっきりで私たちを撮影してくれたので助かりました。

いや〜本当にすごい広さと大きさ!
ペルシャの方から設計士たちを呼び寄せ、
そこに住まわせながら設計と建築を行ったらしい。
なのでトルコや中東を思わせる幾何学的な模様が目立ち、とても美しい。

この宮殿を建造するのに予算を使いすぎて、
王子の怒りを買い、王は死ぬまで幽閉されたんだそう。

こちらの白い宮殿と同じ形のものを、川の向こう岸に
黒のバージョンで建造しようと計画していたらしいけど、
それは打ち切りにされてしまった。

その当時は国家予算の使いすぎだ!と問題だったけど、
今インドの観光経済をかなり支えている建物。
その経済効果を考えると、
白と黒のタージマハル完全版も見てみたかったなと思います。


しみじみ、、いい時間でした。
タイムトラベルした感覚。偉大な遺産。
ここに来られて感謝!

その後思ったとおり宝石店に連れていかれましたが買わずw
ガイドさんとはアグラでさようなら。
デリーに着いたのは深夜頃でした。

ドライバーさん長い時間ありがとう。
あ〜美味しいティーが飲みたいな。
おやすみなさい。

——————–

国産オーガニックティーのHYDRAL YOGA TEAから、
無料のメルマガを配信中!
読みながら自分を大切にする、高めるティータイムを。
ご登録はこちらから👇
https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000045942