インド女子旅行記③〜アッサム編Ⅲ 紅茶の商談?!〜

アッサムで迎えた朝☀️おはようございます!
こんなゴチャゴチャした小さな町で、意外にも快適だったホテル☘️

IMG_2808

1階へ朝食をとりにいく。色々とインドの朝食はしっかりとしているらしい。カレーの良い匂いが立ち込める🙂朝からカレー臭でも大丈夫だった。もたれる感じはない!果物やフルーツサラダ、シリアル、数種類のカレー、小さなナン、ライスなど

IMG_2759

サーブしてくれるちゃんと白シャツを着た青年達がいる。こんな小さなホテルなのにな〜

しかもこのホテル内でコルカタから来たという会社御一行様たちは会議をしているらしい!ちょうど同じ時間に朝食をとっていた、その会社で働くインド人女性と写真をとった!!というより、ここでは日本人を見るのが珍しいのか、むこうから写真を一緒にとりたいと頼まれたのだった☺️素敵なインドのサリーを着ていた✨

IMG_2761

今日は昨日の夜連絡が入った、ティーのディーラーに会いに行く事になった‼️その人ならアッサム市内にいる✨ホテルでまずタクシーを呼ぶ。

インドの車の床には大体園芸用のマットみたいなのが敷いてある(笑)

IMG_2768

まず目的地の住所らしきものをドライバーに見せると、不思議な顔をされた。送られてきた住所は、通り名と向かいの建物名と、その建物名で、かなり謎に包まれていた。。とりあえずその建物名をウェブ検索をすると情報が出てきた!それに従って進んだ。

情報には「マルチプレックス・モール」と記されていたが、辿り着いたのはモールのモの字も似つかない、ドアもない2つの小さな店が入った廃墟のようなビルだった。ウェルカム トゥ インド😂

さて目的地に辿り着き、タクシーの中で新たな交渉にはいる☘️ドライバーは英語も全く話せなかったあのだが、私はノートに「〜5PM $○○?」と書き、見せる。今日の夕方までいくらでドライバーやってというもの。もちろん答えはYES💕こんな地元民しかいないような所で新たにクーラーも付いていない綺麗な車を捕まえるのは困難だとみたからだ😓

1時間後にまた迎えに来てもらう事にして、ティーのディーラーの所へいざ!✨

IMG_2784

ここだ!やる気なさそうにカウンターに腰掛けている男性。ここに来るように言われたと伝えてもかなりあしらわれる、、この男性の英語はインドなまりが強くなかなか聞き取ることはできない💦

IMG_2783
しかし私のタイの友人は分かるようで、英語から英語にして私に伝えるというまさに奇怪なトランスレーション現象が起きていた😅

そこで「日本のおせんべい大作戦」が始動‼️あけぼののおせんべいを大量購入してきた私🍀

IMG_2776

「この一袋でこんな値段がするいいお菓子だ」と伝えて渡しディーラーが食べ始めると「美味しい!美味しい!」と大絶賛!

IMG_2774

一気に仲の良い雰囲気に✨他のスタッフにもおすそわけ💕あけぼの様、ありがとうございます✨(笑)

どの種類・グレード・有機か否かなどを聞き、キロ単位の価格なども参考に教えてもらった✨

IMG_2809
またGETしたサンプルのティーを試してから連絡することに‼️

IMG_2780

つづく

インド女子旅行記②〜アッサム編Ⅱ 迷走で瞑想〜

ここでインドに持って行った方が良いものをあげておこう⭐️
・胃薬
・虫除けスプレー又はクリーム
・日焼け止め
・おしぼり(濡れティッシュ)
・殺菌ジェル
・小分けのお菓子
・マスク
・目薬
・防犯グッズ又は防犯スキル
・南京錠
・あなたの断固とした折れない態度
など

IMG_2727

さてアッサム市内のホテルに着いて知った事とは、、自分が行きたかったアッサムの茶園地方にはこの市内から車で片道2日位かかる!!ということア然

ここではたった2日の滞在なので無理だ何をしにきたんだ自分のリサーチ力の無さが情けない😭

IMG_2725

しかし前進あるのみ!😎せっかく見知らぬ土地にいるのだから、じっとしていられるタチじゃない☝️

フロントのスタッフを話をして、ここなら茶園で茶を飲めるんじゃない?と教えてくれたのは1時間と少し車で行ったところ🚗いざ英語チンプンカンプンのドライバーの車に乗り込み参らん!💨

IMG_2683

辿り着いたのは自然が多い綺麗めな田舎なぜだかセキュリティのいるゲートを入っていく🌲🌲🌲すると車道の両一面に茶の木が広がっていた✨これにはテンションも上がったがいったいここはどこなんだ?🍀

IMG_2691

さらに敷地内奥の方へ車が進み白くて大きな建物の前で止まる🏢よく分からないけど見つけた石碑を見るとここは学校らしい💡

IMG_2676

こぎれいな白シャツとグレーのズボン/スカートを着た学生達が私たちを横切っていく🌼あれれ?ここを紹介してくれたホテルのフロント係に電話をするが何を言っているのか不明😅ドライバーにインド語で話してもらった更に不明😂歩いていた学生達を直撃してみる😇

IMG_2734

すると
ティーは飲みたいなら飲めるけど、カフェテリアで2種類くらいかな💡ここの茶の木で作ったものじゃないしここにある茶の木は観賞用で、誰も茶摘みなんかしていないけど?

なぬ?!!😭

これがインド・コミュニケーション!!!カルチャーショック?🇮🇳

仕方がないので良い経験としてこれは終了‼️市内へ戻る🚗

もう日が落ちて着て朝から何も食べてない私たちはお腹ペコペコだい!🍴ストリートフードを見てみるとう〜ん、なんともヤバそうだ😓そこで欧米系のチェーンフードレストランへ逃げる🍀

ピザハット‼️
外から見るとたくさんのお店が入っていて活気のある小さいショッピングセンターっぽかったけど、中はこのピザハットと携帯ストアとあと2店舗くらいしかなかったかな🍵かなりハリボテ感がたまらない💡

ここではピザハットのような店がお金持ちしか来ない高級店らしい✨ドリンク・ピザ2種・スープなどガッツリ行っても一人1000円行かないくらいだった‼️サービスがすごくてびっくり🌈ドアマンがいたり、、わざわざピザを取り分けに着てくれたり執事のような対応だった☺️チップを置いて、満足したら鳴らして帰るというベルを思いっきり鳴らしてホテルへ戻る👍

IMG_2704

もう今日はヘトヘトだな明日ここで何をしようか一件有力なメッセージが入る。市内でティーのディーラーとエクスポートをしているインド人からだった‍♀️

シャワーで水を確実に口に入れないようにしながら明日の検討を祈る✨✨

IMG_2700

つづく

インド女子旅行記①✈️〜アッサムⅠ 異世界へようこそ〜

2016年10月
念願のインドへ飛んだ✈️タイから、タイ人の女友達と一緒に👭

IMG_2842

もう一人タイ人のアテンドしてくれるはずだった男友達が急に来れない事となり、女2人で果たして大丈夫なのか?という心境の中、バタバタと2、3日で予定を組み直し飛んだのだった🔰

IMG_2664

調査不足で何もかも分からずにコルカタ経由でグワハティ空港へ。アッサム地方への玄関口だ💡やはりタイからは近く3時間程だっただろうか✈️

IMG_2729
日本人がインドに入国するには事前にビザを取る必要がある📃約3、4000円でできる💰ツーリストビザで入国してから30日間有効のものだ🙂ウェブサイトで簡単に出来るが、諸事情でてこずった、、💻

IMG_2753

空港に着くと、すでに暑さとほこりっぽさが私達を包む🍂お手洗いには常勤のお掃除のおばちゃんがいるのだが
しゃがんでするスタイルで汚く、とても衛生的とはいえない💧我慢だ、、我慢‼️

ネットで予約をしていたタクシードライバーを探すが見つからず必ず空港にあるフリーWiFiは、インドの電話番号を持っていないと使えないという中国と同じパターン☹️

IMG_2667
どうドライバーの会社に連絡しようか💨ウロウロしていたらカウンターの上に昔風の赤い電話が置いてあった☎️そう、これこそ公衆電話みたいなもので番号を言うと座っているおじさんがダイヤルしてくれる💡通話が終わると利用料金を徴収してくるという仕組みだ👍会社にかけたりドライバーに直接かけたり何回もかけたけど何十円と激安だった‼️ここではぼったくりはないようだ😀IMG_2748

何度もドライバーに電話しているのに、一向に現れない😰1時間半が経過🕐もしやyes yesと言いながら英語があまり通じていないのでは?という疑惑📞タイ人の友人はきままに小さな売店で様々な種類のキャンデーなどを買ってきては試した🍬

思い切って外へでる🏃‍♀️するとたくさんのドライバーたちがタクシー?タクシー?と超近距離で迫ってくる😓恐ろしくNo Noとかき分けて進む❌

その中の青年が携帯を見せてきて👨🏾この番号から電話をかけてきたのは君達かい?という

No No…..
いやいやもしやこの番号は空港にあった電話の⁉️ドライバーは見つかったが、私の名前を書いた紙とか普通持ってるっしょ?詐欺かもとただ通り過ぎようかと思ってしまったじゃん😤IMG_2722

どうしてこんな事になったのか聞いても結局分からなかった彼は分かっている表情を見せるが、いざ疑問形で聞くと大体答えられない分かっていないのだな、、と途中であきらめた💨

車に乗り込み市内へ🚗途中現れた壮大な景色🏞(と言っても現地の人たちにはただの木々が茂った池みたいなものだろう)にスケールの違いに息をのむ✨とにかく広大な土地を始めから感じた🍃この美しい大陸は、さらにスケール違いの人口の多さにほとんどの土地がゴミだらけで汚染されているのだけど🙏

一時間もしないうちに市内へ到着🚗建物の半数が廃墟のようにボロボロ🏢ほとんどが2、3階建で活動しているお店すら少しボロボロだがカラフルなペンキで塗装している🌈

予約をしていたホテルに着き、大変な事を知る🌾

つづく