Harry Potter Cafe. ハリーポッターなカフェ。

 テレビでハリポ映画特集がやっていて、ふと思い出す。

そういえば、去年訪れたスコットランド、エジンバラでの話。

著者J.K.ローリングさんは、

r
a760edc7fd70621d2c86e4d07be76c76

たくさんのハリポ作品を、このエジンバラにあるthe elephant houseというカフェで制作していた。
IMG_1410あまりにも有名な話なので、地元民のみならず多くの観光客が訪れている。

名前の通り、中にはたくさんの象のモチーフ
IMG_1411
私がついた時には店内が混み合っていたので、少し立って待っていた。
店内入ってすぐ脇にある壁に面したカウンターを「どうぞ」と言われたが、私は奥のテーブル席がいい!と主張。

定員さん達がとてもいい感じで優しく、快く了承してくれた。
しばらくして奥に案内された。
店内入ってすぐのところからは想像できなかったが、結構奥は広い

ここでハリポは書かれたのか…

私がここで驚いたのは、とにかく「味」!
観光地化しているからとなめていた。

はじめ、アップルパイのアイスクリーム添えを注文。
IMG_1412

That was really fantastic!!
温かいトロトロの中身が流れ出しそうなアップルパイに濃厚なバニラアイスが…美味しすぎる。しかも大きい。

この時となりの4名席に座っていたフランス人一家としゃべりこむ。
父、母、娘。
お父さんは地理学か何かの大学の先生で、お母さんは英語の先生なのだとか。

そのお陰で、英語でスムーズにコミュニケーションをとることができた。
娘は13歳くらいだったかな。
IMG_1416

すんごい綺麗でピュアな透明感がある子だった。
彼女は日本の震災の事や、その時の日本人の振る舞いをとても尊敬していると話してくれた。
私たちは日本が大好き。

とっても良い出会いだった。

家族が帰ってから、結構時間が経っていたのでお腹が空いてしまった。
抑えきれず、チキンのシーザーサラダを注文。
IMG_1418

これもまた驚くことに絶品だった!
Très bien!!

さっき家族が座っていたところには旅行中のカップルが座った。
はい、この方達もフランス人だったので運命を感じる。

大学生の先生と生徒のカップルらしい。
Wowと思うが、先生(男性)は全然若い人だった。

2人は車でスコットランド中を巡るのだそう。

また2人と話し込みすっかり日も傾いてしまった。

この後ブラブラとハリポのホグワーツ魔法学校のモデルになった学校を外から眺めながら、やっぱりすんご〜いと刺激を受ける。

そうしているうちに傘もないのに土砂降りになり、あたふた駆けずり回っているうちに迷子に。

ずぶ濡れになりながら、やっと入ったパブで温かい歓迎をうけ、朝まで数日前に生まれたばかりの王子の名前を予想しあった。

その時私がかけた名前は
ジョージとルイだった。

2つとも当たっていた。。

とさ^^





Love Baking Scorn! 上がるスコーン熱!

ロンドンでジュリアナ先生が伝授してくれた
スコーンのレシピを引っ張り出して、
一人スコーン作りの修行に。

やっぱり忘れている。。

何度も形が崩れたり、縦にひび割れたり
たくさん失敗したけど…

今やっと見せられるくらいに成長★

IMG_4793
私のベビーのように大切に大切に作ったスコーン達。
そう、ちゃんと横に割れます。
パッカーン!
IMG_4785
そこにジャムとクロテッドクリームを塗り、
IMG_4784

いただきました^^
クロコダイルのティーナイフがお気に入りです。

IMG_4789

クロテッドクリームって本当美味しいですよね。

個体時の方が美味しいので、スコーンの熱で溶けぬよう、
ジャムを塗ってからクリームをその上に塗ると
いいですよ★

さらに精進します!
皆さんもいいティータイムを。

Tea time after the great trip! 旅の思い出ティータイム♬

あぁ、旅はいいものだ。いつも思います。

ワシントンD.C.から帰ってきて、まだ東京も真夏の猛暑。
セミがうるさく、熱気と湿気にうなだれる日々が帰ってきたのか…と。

でも今日はいつもよりカラっとしていて、外に出たい気分。
そうだ、玉川沿いの木陰で一人涼もう。

そう決めやってきた川沿い。
最高の木陰日和のティータイム。
IMG_4658
魔法瓶に紅茶を入れてきて、やっぱりティーを
飲むのは陶器のカップじゃなきゃ。
美味しさ100倍。

そして読書。
旅はいいな〜というのは、訪れたことでまた
違う興味がそそられるからだ。

今回はアメリカ合衆国の歴史にたくさん触れてきた。
だから良く分かっていなかった私は、
「Very Washington D.C.」という子供向けの歴史本を買って
こうやってティーを飲みながら読んでいる。

イラストがわかりやすくて万歳。

IMG_4662

また週末のブレックファストのお供に、
愛しのThe Jeffersonホテルで入手してきた
ジェファーソンブレンドを。

IMG_4664
ベルガモットの香りがこんなに強いなんて…
現地で飲んだのと違う?
アールグレイと間違えて販売したんじゃない?

と思ってホテルに問い合わせたけど。
確かにそのブレンドにはベルガモットが
入っているらしいので、間違いはないらしい。

IMG_4666旅のあとでも旅はつづく…



ワシントンのThe Jefferson Hotelにて、アフタヌーンティー。

さてさて、最終的にまたワシントンD.C.に戻ってきたわけですが、

なんとリッチモンドで訪れた憧れのホテル
「The Jefferson」と同じ名前のこれまた素敵な
ホテルが、ワシントンにもあるとのこと。
(※系列ではないそう。)

それがここ!
10575924_10152629545141079_1811583852_n

ホテルの路地からホワイトハウスがまっすぐ続いている。

こちらもリッチモンドのに比べればまだまだ歴史は浅いが、
そのインテリアはクラシックで私好み★
DSC00457

DSC00458
飛行機の時間まであと数時間…
今回のアメリカ旅の締めくくりもやっぱり、
アフタヌーンティー 🙂

DSC00452

結構モダンなデザインのアフタヌーンティーです!
サンドウィッチが綺麗に盛り付けられてて◎

DSC00455

その後はケーキとスコーンが登場。
10589594_10152629543086079_1730998730_n

ちゃんと冷めないように、スコーンが包まれてて 🙂
少しパサパサやったけど…
10570567_10152629543706079_152117522_n

可愛いですね〜
そして品のあるおしゃれさ。

この中でふわふわのメレンゲがのった
レモンタルトが一番美味しかった!!

10578666_10152629543711079_361171673_n

10589500_10152629543716079_1544363661_n

スコーン用クリームは残念ながらクロテッドクリームではなく、
ダブルクリームでした〜コクが足りん。。

しかし満足〜♬
ここのお手洗いがとても素敵で動画を
撮ってきたのでYouTubeにアップしたら
こちらでお知らせします!(笑)
10589915_10152629545126079_2075904841_n

Reading Roomも美しかったです!
ここは泊まるには物凄いお高そうですが、
スタッフの方々もマネージャーさん含め
とてもフレンドリーだったのでまた訪れたいです★=

ありがとうございました!